転職会議レポート

転職会議 Report

採用企業を悩ます「嫁ブロック」は、どうして起きるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用企業を悩ます「嫁ブロック」は、どうして起きるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥様の圧倒的な存在感

前回の記事で紹介したとおり、転職希望者は活動を始めても誰かに相談するのが難しく、孤独になりがちです。再掲になりますが、2015年11月に転職会議が実施した「既婚男性の転職活動に関する実態調査」で、活動時に誰に相談したかを聞いたところ、次のような結果となりました。

 
  • 奥様には相談する:40.4%
  • 兄弟、姉妹には相談する:10.8%
  • 両親に相談する:31.1%
  • 会社、学生時代の先輩には相談する:23.5%
 

既婚男性の転職活動におけるパートナーは、やはり「奥様」です。実に半数近い方が、自分の妻に転職について相談しています。相談時期としては、全体の約80%が「転職活動前」と答えており、「内定をもらったタイミングで相談する」と答えた方は、わずか2.8%でした。このことから、奥様が転職活動のカギを握っているという実態が伺えます。

 

実は、人材紹介における業界用語で「嫁ブロック」という言葉があります。「妻が反対したので…」と内定を辞退したり、転職活動をあきらめたりすることを指します。人材紹介会社などから見ると、転職者の活動の妨げになってしまうため、こんな呼び名が付けられました。業界の方にお話を伺うと、かつてはほとんど見られなかった「嫁ブロック」ですが、昨今では増加傾向にあるとのこと。

こうした傾向は、今回の調査結果にも表れていました。「奥様へ相談した結果、応募先企業を辞退したことはありますか?」という問いに対して、「辞退したことがある」と回答した既婚男性は32.1%にのぼります。3人に1人以上が奥様の意志で内定を辞退しています。

 

嫁ブロックの本質は...

一方、奥様へ相談した男性自身はどのように考えているのでしょう。

「奥様への相談は大事だと感じましたか?」という問いに対しては、74.6%が「大事だと感じた」と回答。「まぁまぁ大事だと感じた」という回答も加えると、90%を超えています。やはりほとんどの転職希望者が、奥様に相談することは重要だと考えており、転職活動における、奥様の存在感が浮き彫りになりました。

 

自由記述でその理由を聞いたところ、600件以上の回答がありました。

最も代表的な意見を紹介します。
 

  • 「一生のパートナーなので。」
  • 「生計を一にする、最も重要なパートナーだから。」
  • 「人生を一緒に歩いているから。」
  • 「仕事は自分だけのことでなく、家族の協力があって初めて成り立つことだから」
  • 「家庭がうまくいかないと仕事に影響します。子供も居るのでなおさらです」
  • 「とりあえず採用されたところに何も考えず行こうとしたら『そこはブラックだからやめろ!』と客観的視点でとどまらせてくれた」
  • 「自分には見えていない部分が見えているから」
  • 「言わないと後で怒られる」
  • 「後で文句を言われても困るから」
 

「一生」「パートナー」「人生」「一緒」といった夫婦の絆を感じさせる重みのある言葉。「怒られるのを回避するために」という恐妻家ならではのコメントもありましたが、「客観的なアドバイスをもらえる」など、長い時間を共にしているパートナーとしての重要性や信頼感に基づくものが、全体のほとんどを占めました。



 

妻の判断で転職するかどうかを決める「嫁ブロック」――。

言葉だけを捉えれば、夫の優柔不断さや、理解のない妻の姿を想像してしまうかもしれませんが、今回の調査を通じて見えてきたのはお互いの絆や信頼でした。 「嫁ブロック」は、あくまでも、転職を成功させたい人材紹介会社の用語です。転職は常に前向きなものとは限らず、特に「現職を辞めたい」という感情が先立つ場合、客観的な判断がしにくくなってしまうケースもあるでしょう。 そんなとき、一番身近にいる奥様の存在と、将来を見据えたアドバイスには、真剣に耳を傾けるべきではないでしょうか。

次回は、転職における奥様が果たす役割を、さらに深く掘り下げた調査の分析結果を紹介します。ご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職会議レポート編集部 オススメの転職エージェント

10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、
フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問

【選ばれる理由】
【1】一人あたり平均8時間の手厚いサポート
【2】初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了
【3】未経験OKの正社員求人も多数取り扱い

オススメ
10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象にオーダーメイド型でサポート

【選ばれる理由】
【1】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
【2】選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
【3】ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上

あなたにおすすめの記事

今週のアクセスランキング

転職会議レポート編集部がオススメする
転職サービス一覧
10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしています。
オーダーメイド型でのサポートを実施する、10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。
25~35歳、初めての転職に特にオススメの総合型転職エージェントサービス。地方求人など滅多に流通しないレアな求人が豊富です。
IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。専門用語や最新技術の話が通じるCAがあなたの転職をサポートします。
「ミイダス」は、パーソルキャリアが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。