転職会議レポート

転職会議 Report

【パナソニックのリアル評判】年収×残業×採用の情報を一気読み!

パナソニックのホームページや求人広告などの公式情報には書いていない平均年収などのお給料事情や、残業の実態など、転職検討中のあなたに役立つリアルな評判をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【パナソニックのリアル評判】年収×残業×採用の情報を一気読み!

パナソニックのホームページや求人広告などの公式情報には書いていない平均年収などのお給料事情や、残業の実態など、転職検討中のあなたに役立つリアルな評判をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックとは

パナソニックとは、日本における総合電機メーカー大手3社のうちの1つの電子機器メーカーです。大阪府門真市に本社を置いています。松下電気器具製作所として、創業者である松下幸之助さんが奥さんと義理の弟と1918年に創業しました。家電だけではなく、住宅分野や車載分野なども手掛けています。

2018年には創業100年を超えました。現在では従業員数は26万人強が在籍し、東証1部上場をしているということもありとても大きな安定した企業と言えるでしょう。

「A Better Life,A Better World」これは、パナソニックのブランドスローガンです。ユーザー一人ひとりのより良い暮らしを追求することが、地球環境への貢献やより良い世界の実現に繋がっていくという意味が込められています。

なお、そんなパナソニックでは現在多数の求人を募集しています。

 

ただ、パナソニックに応募をする前にあなたにとって後悔のない転職になるよう、パナソニックの評判についてもっと深堀りをしてみましょう!

パナソニックの会社概要

まずはパナソニックの基本情報から見ていきましょう。ここでは本社の所在地や、社員数などの情報が手に入ります。

社名 パナソニック株式会社
フリガナ パナソニック
URL http://panasonic.co.jp/
所在地 大阪府門真市大字門真1006番地
代表者名 津賀 一宏
業界 半導体・電子・電気機器
資本金 258,700,000,000円
従業員数 269,435人
設立年月 1935年12月
上場区分 上場
証券コード 6752
上場市場 東証1部

2020年7月時点 転職会議より

パナソニックの業績情報

パナソニック業績グラフ

2020年7月時点 転職会議より

パナソニックの業績は、上記グラフの通りです。現在多数の企業が悩まされている新型コロナウイルス感染拡大の影響ですが、パナソニックも例外ではありません。ロックダウン(都市封鎖)などの各国の動きに合わせ海外の工場稼働が停止したことから、エアコン、テレビ、洗濯機、パソコンなどの製品に影響が出てしまっているようです。

しかし、さすがはパナソニック。コロナ禍に合わせた製品などの開発も行っており、「社会課題に新たな提案をする役割を通じてパナソニックという会社、ブランドをいっそう輝かせる」津田社長はこのようにとても前向きな考えを示しているようです。「100年に1度の難局ではなく、100年に1度の自らを変える機会とする」そう考えるパナソニックの成長は今後も期待できると言えるでしょう。

事業の成長性や将来性

転職会議の「事業の成長性や将来性」カテゴリーに投稿してある社員の口コミを抜粋してみました。パナソニックの今後について、働く社員の方たちはどう考えているのか、こちらも合わせてご覧ください。

大企業だけに体力があるところ。昨今不採算事業の切り離しが多いですが、それでも会社としての利益はしっかり守れている。
幅広く多くの事業を持っており、将来的に大きく成長する事業がある可能性がある。
様々な領域に事業を展開しているため、事業の成長性のある領域も多数ある。カンパニーごとに風土は異なるが、CNS社などは新たに外部から社長を採用しており、事業展開のスピードは早い印象。
グローバル企業なのですが、大半の方は海外に興味はなく、自分の事業以外に興味はありません。残念なことですが、成長性を確保するために、これから新権威グローバル戦略を全員で考える時期になっています。
グローバル環境では、さらに先を行く企業が今後はどんどん出てくる。そういった環境で、10年後20年後、果たして生き残っていけるのか、試されてくると思う。将来を見据えた経営、最先端の技術を投入が必要となると思う。

パナソニックで働いている社員は、事業の成長性や将来性について、比較的ポジティブな印象を抱いていることが伺われます。一方で、グローバル戦略に不安を抱えている方もいるようです。もしかすると大きな会社が故、働く社員の意識の差に不満を抱えているのかもしれません。

⇒さらに詳しい業績・売上・事業の将来性と成長性の口コミ一覧

パナソニックの平均年収

パナソニック平均年収グラフ

2020年7月時点 転職会議より

年収分布を見てみると、年代が上がるにつれて増えているようですね。

上記分布図は、あくまでも転職会議に口コミを投稿している方の投稿情報から作られた平均年収グラフになっているので、前後のふり幅は当然のことながらありますが、転職を検討する一つの参考材料としてご覧ください。

年収、評価制度

転職会議の「年収、評価制度」カテゴリーに投稿してある社員の口コミも見てみましょう。

年収はかなり良いと思う。また福利厚生による補助も多い。 評価制度も毎期の目標設定と上司面談、前期の評価結果とその理由の説明がきっちりされるため、納得性がある。
年収、評価制度とも悪くなく、個人的には満足です。ただ物足りなく感じる方もいるかも知れません。 給与査定等、基準こそ明確にはされてませんが、普通に勤務していればかなりの金額の報酬や昇給が期待できるようになっているので個人的には大大大満足。
年収は良い方だと思う。結果だけで評価するのではなく、プロセスもしっかりみてくれるので、働きやすいと思う。上司と気が合えば評価も上がる。年収に対して休みや社宅等の福利厚生を考えると待遇は非常に良いと思う。
業績が安定しているので、下がることはなく、年齢さえ重ねれば昇進して給与はある程度上がって行く。
業績が悪くても減給になることはない、「大企業」 一定以上の階層まで昇進してしまうと仕事をしないでも高給が保証されていたが、徐々にメスが入りはじめている。

年収についても、満足をしている方が多い一方で、年功序列傾向があると感じている人もいるようでした。しかし、パナソニックはそこに課題を感じているのか、改善の方向へ向かっているという情報も見受けられました。

⇒さらに詳しい年収・給料・ボーナス・評価制度の口コミ一覧

パナソニックはホワイト企業?口コミ評判まとめ

「事業の成長性や将来性」や「年収、評価制度」以外のカテゴリーに投稿された口コミも下記にまとめましたので、ぜひご参考にしてみてください。

仕事のやりがい、面白み

業界でもシェアが高い部署に配属となれば、大型案件などを手掛けることが出来る。裁量も幅広く、個人でしっかりと学習し能力を伸ばしていけばその分成果を出しやすい環境にある。
個人のノルマがそれなりにありますが、達成したときの達成感とそれなりに評価をしてもらえるので、やる気があるヒトにとってはやりがいのある仕事だと思います。
会社の規模が大きすぎる点、全体を把握できず分業がメインになっていたので達成感という点ではなやや乏しさを感じてしまった。

⇒さらに詳しい仕事の魅力・やりがい・面白みの口コミ一覧

スキルアップ、キャリア開発、教育体制

全体での研修は多い。新入社員の時から年度が上がっても毎年の様に何らかの研修はある。また、自身が必要だと思った研修を上司に相談の上で受けることも可能である。
社内の年次研修が充実しており、定期的な仕事の見直しや業界で必要な知識をしっかりと付けることが出来る。 業務未経験でも安心して働くことができる。
有益な研修にアクセスできる機会が多い一方で、マインド系の必須研修も多いように感じる。もっと時間を有効に使えば良いのにと感じる機会も多々ある。

⇒さらに詳しい人事・教育・研修体制・スキルアップの口コミ一覧

福利厚生、社内制度

ディズニーのチケットをちょっと安く変えたり、VIPルームに入れたり、プレミアム感を感じることが出来る。 また独身寮は1か月の家賃が、電気、ガス、水道込みで1万2千円程度と非常に安く、新人の間にはかなり助かる。
カフェテリアプラン形式のため、個人個人で好きな福利厚生を自由に選択出来るのがありがたかったです。自社株購入に多少補助が出るのもよいです。
色々制度は整っているのですが、会社が大きいこともあり制度利用申請は役所のように融通がきかないことがあります。(転宅基準や交通費申請など)

⇒さらに詳しい福利厚生・社内制度の口コミ一覧

社員、管理職の魅力

人気のある会社だけに、人が優れていると感じた。特に厳しい就活をした若い世代は、頭も人柄も良い人が多い。管理職も、上司研修があるため、セクハラのような非常識な発言をする人は少ない。
基本的にはある程度の学力がある人が多いので意思伝達は楽。
かつての業績が好調な時代は大量の新卒採用を実施し、個性豊かな人材も多数採用していたが、採用を絞る方向に舵を切ってからは品行方正な「お利巧さん」の新入社員ばかりになってしまった。実力主義・若手登用を目指しているのに、指示されたことをこなす官僚的な人材ばかりで、自発的に行動を起こす、自ら行動する力強さにかけるので、目指す形からどんどん遠ざかっている。

⇒さらに詳しい働く社員・管理職の口コミ一覧

ワークライフバランス

休みも非常に取りやすく、上司も理解がある。 また、連休も多く、10連休程度の休みが年に3回はある。そのため、自分のやりたいことや、旅行などわりとフレキシブルに計画が立てられる。 また通常日に関してもフレックスの導入や在宅勤務が進んでおり、非常に働きやすい環境がと整っている。
現在は働き方改革の影響で、夜は20時までに帰るようになっており、全社的にワークライフバランスを取りやすい環境になっているといえる。
年休は比較的取りやすい。月1日は年休を推奨されている。フレックス勤務も比較的使いやすい。朝早く来て、夕方にはやく帰ることもできる。定時後の残業も20時以降は原則禁止で申請が必要となる。そのため、必要な残業かどうか確認された上での申請となるため、緊急度や必要度に応じての判断となる。

⇒さらに詳しいワークライフバランス・残業の口コミ一覧

女性の働きやすさやキャリア

まだ男性社会ではあるものの、女性営業も増えてきており、連携しようという意識が高い。分かりやすい女性差別的なものは存在しない。産休育休にも理解があるので、ママさん社員も多い。
部署にもよるだろうが私の勤務先は育休や産休にも寛容で子持ちの女性社員も多くいる。他社に比べると働きやすいのではないかと思う。
営業職に限れば全体的に女性社員の数はまだ少ない状況の為、責任者を含めて女性社員の比率を上げる必要があると思います。

⇒さらに詳しい女性・子育て支援・産休・育休・時短勤務の口コミ一覧

入社理由、入社後に感じたギャップ

良い意味で創業者の事をしっかりと自分に落とし込んだり、盲目的に信じるのではなく実践まで行なっている人が想像よりも多かった。 また、各種の研修制度などは想像以上に豊富にあり、社員の成長を非常に考えてくれていると感じる。
入社前には残業多めで働くことになると考えていました。しかし、実際に入社して働いてみると、水曜日は残業なしの日などがあります。管理職もすぐに帰る風潮があったので、ワークライフバランスは比較的にとりやすいものであると感じました。
古い会社なので残業に対しては緩いかと思っていたが、残業時間に対してかなりシビア。嘘をつけない仕組みになっているので、サービス残業はそもそもできない。

⇒さらに詳しい入社理由・入社後の印象・ギャップの口コミ一覧

面接・選考

【印象に残った質問2】会社に入ったあとのキャリアプランは?
挫折したことは聞かれました。いつどんなふうに挫折し、どう乗り越えたかが重要となります。また、それを自社で活かせるか説明ができればいいと思います。 自己prも自分の強みをはっきりと簡潔に述べれば突っ込まれることはないと思います。
所属先の長、東京本社から部長の2名。 所属先の人はほがらかで優しそうな印象、部長はクールで淡々としており、制作物を見せても無反応。 ただし後から聞いたところ部長的には所属長より是非来てもらいたい、大歓迎だったそうです。

⇒さらに詳しい面接・試験・選考情報の口コミ一覧

退職理由、退職検討理由

管理職になり、50歳を超えると 早期退職制度による、退職金の割増や 転身支援制度による年収保証での転職活動ができるのは大手ならではだと思う。
会社は安定しているが、会社自体が大きいので自分の貢献度が分からなくなった。 若者での評価の差があまり無いので、モチベーション向上しにくかった。 私自身が転職を決意した理由は、若者でも評価をして頂ける会社で成果を上げたいと感じ退職を決意しました。
会社が大きすぎるが故に自身の貢献度が見え難くなってしまった。より規模の小さな会社で自身の力を発揮してみたいと思うようになり転職を決意。

⇒さらに詳しい退職理由・離職率・転職のきっかけの口コミ一覧

転職会議は、「良い点」と「気になること・改善したほうがいい点」の口コミが投稿できる仕様になっているため、口コミの内容は一長一短ありますが、だからこそ良い点ばかりではない非公式なリアルな評判も手に入れられたのではないでしょうか。

パナソニックの評判口コミについて、もっと詳しく見たい方は、転職会議も合わせてご覧ください。現在、パナソニックには4800件を超える口コミが集まっています。

パナソニックはブラック企業か!?評判データグラフから判断!

パナソニック総合評価グラフ
パナソニック総合評点

2020年7月時点 転職会議より

非常に高い水準になっているのが、上のグラフでわかります。とは言え、合わせて入社難易度も高くなっているため、転職前にしっかりと対策を行わなければ内定がもらえないということにもなりかねません。

対策の一つとして、転職会議の「面接・選考」口コミがお役に立てそうです。

また、ブラック企業の特徴と言えば、給料が低い、福利厚生が満足のいくものではない、教育、研修制度が不十分である、パワハラやセクハラが横行しているなど、様々なイメージが思いつきますが、パナソニックの評判はどうでしょうか。

パナソニックはこの総合評価グラフを見る限りだと、ブラック企業ではなさそうな印象を持ちました。

パナソニックで働く社員の職種別満足度

パナソニック職種別評点
 

2020年7月時点 転職会議より

転職会議では、パナソニックで働く社員の職種別の満足度や平均年収、そして平均残業時間が一覧でご覧いただけます。

さらに、気になる職種をクリックすると詳細ページに飛び、社員の評価・口コミや実際の仕事例、募集中の求人などが1つのページにまとまっているので、パナソニックへ転職を考えているあなたにとって お役に立てるページになっています。

実際に働いていた元社員や社員の会社に対するリアルな評判や評価をご覧になった今だからこそ、本当にあなたに合った企業であるのか?あなたに合った働き方が出来るのか?ということを今一度お考えになってみてください。

パナソニックの中途採用情報

「やっぱり、パナソニックに転職したい!」そう思ったあなたへ。 パナソニックでは事業戦略推進、アプリ開発・設計、AI技術を活用した研究開発などの職種で、現在多数の求人を中途採用で募集しています

求人一覧


また、転職会議は大手転職サイトと求人を提携しているため、 多くの求人をまとめて検索することができます。

求人と一緒にこの記事以外の評判が書かれた口コミ情報もたくさん載っているので、口コミを活用して自分ぴったりの求人や会社を見逃さないようにしてください。そして後悔のない転職をしてくださいね。

後悔のない転職を成功させるために、転職会議がお手伝いできること

転職会議では、この記事だけでは紹介しきれなかった会社の評判、口コミが数多く掲載されており、実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見ることができます。

この記事だけでは紹介しきれなかった、パナソニックを始めとした300万件以上の口コミが見たい方は下記ページから会員登録をしてみてください。

最後に

転職会議の口コミ情報を元に、パナソニックの評判をご紹介いたしましたが、お役に立てましたでしょうか。パナソニックの評判には一長一短あるものの、全体的に高評価であることがわかりました。

このように、事前に情報収集をしておくと面接対策はもちろんのこと、入社後のギャップを減らすことができ、さらに就業後のイメージがつかみやすくなります。 「求人情報やホームページだけの情報では物足りない」という方におすすめのレポートでした。

転職会議と転職会議レポートをキッカケに、素敵な企業と出会えますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職会議レポート編集部 オススメの転職エージェント

10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、
フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問

【選ばれる理由】
【1】一人あたり平均8時間の手厚いサポート
【2】初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了
【3】未経験OKの正社員求人も多数取り扱い

オススメ
10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象にオーダーメイド型でサポート

【選ばれる理由】
【1】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
【2】選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
【3】ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上

あなたにおすすめの記事

今週のアクセスランキング

転職会議レポート編集部がオススメする
転職サービス一覧
10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしています。
オーダーメイド型でのサポートを実施する、10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。
25~35歳、初めての転職に特にオススメの総合型転職エージェントサービス。地方求人など滅多に流通しないレアな求人が豊富です。
IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。専門用語や最新技術の話が通じるCAがあなたの転職をサポートします。
「ミイダス」は、パーソルキャリアが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。