転職会議レポート

転職会議 Report

【ソニーのリアル評判】年収×残業×面接の情報を一気読み!

ソニーのホームページや求人広告などの公式情報には書いていない平均年収などのお給料事情や、残業の実態など、転職検討中のあなたに役立つリアルな評判をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ソニーのリアル評判】年収×残業×面接の情報を一気読み!

ソニーのホームページや求人広告などの公式情報には書いていない平均年収などのお給料事情や、残業の実態など、転職検討中のあなたに役立つリアルな評判をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーとは

ソニーとは、電気機器製品をはじめとした周辺機器の製造や販売を行っている企業です。東京都港区に本社を置いています。1946年に井深大氏と盛田昭夫氏が資本金19万円、従業員数約20名で「東京通信工業」として創業しました。世界初となるウォークマンやCD、MDを開発したのもソニーです。

現在従業員数は114,000人を越え、東証1部上場をしているということもあり、とても大きな安定した企業と言えるでしょう。グループ会社数においても、2018年度時点において日本で1位に君臨していますし、日本企業のブランドランキングにおいては、自動車三大メーカーに次いで4位!世界トップクラスの企業の一つでもあります。

なお、そんなソニーでは現在多数の求人を募集しています。

 

ただ、ソニーに応募をする前にあなたにとって後悔のない転職になるよう、ソニーの評判についてもっと深堀りをしてみましょう!

ソニーの会社概要

まずはソニーの基本情報から見ていきましょう。ここでは本社の所在地や、従業員数などの情報が手に入ります。

社名 ソニー株式会社
フリガナ ソニー
URL http://www.sony.co.jp/
本社所在地 東京都港区港南1丁目7番1号
代表者名 吉田 憲一郎
業界 総合電機
資本金 874,291,000,000円
従業員数 114,400人
設立年月 1946年5月
上場区分 上場
証券コード 6758
上場市場 東証1部

2020年7月時点 転職会議より

ソニーの業績情報

ソニー業績グラフ


2020年7月時点 転職会議より

ソニーの業績は、上記グラフでもわかる通り、営業利益、純利益については右肩上がりの成長を続けています。現在多数の企業が悩まされている新型コロナウイルス感染拡大の影響ですが、コロナ禍だからこそ好調な業界もあります。そうです、それはゲーム業界です。

ソニーにおいては、プレーステーション4(PS4)で4月に発売した「ファイナルファンタジーVII リメイク」は世界で350万本以上を売り上げています。また、近年プレーステーション5(PS5)に向けた世間の期待も高くなっているので、ソニーの成長は今後も期待できると言えるでしょう。

事業の成長性や将来性

転職会議の「事業の成長性や将来性」カテゴリーに投稿してある社員の口コミを抜粋してみました。ソニーの今後について、働く社員の方たちはどう考えているのか、こちらも合わせてご覧ください。

日本で数少ない将来への成長が見込める要素がある企業。出井・中鉢・ストリンガーの負の時代の清算をようやく終え、再び会社として成長フェーズに入った。経営判断も的確・迅速になり、今後も環境の変化により経営危機が訪れることもあるだろうが、社員のトップマネジメントへの信頼も厚く、乗り越えられると信じる。
事業の将来性はもっともあると思う、ゲームやカメラなどあとから参入した事業でも自分たちのやり方を見出して市場を切り開いていける。 とくにカメラはセンサーもおさえていて、非常に協力なポジションを築けていると思う。
新規事業やものづくり以外のサービスなど展開も活発に行なっている。また昔からあるプロダクトも現代版としてリニューアルして発売するなど、新しいものだけでなく昔のものも尊重した上で時代にあったものづくりを目指しているので、現代と昔がうまく混ざっているように感じる。
全体の業績は回復傾向にあるものの、部門別でみると差が大きいように思える。ゲーム機器などは最近のトレンドでもあり、業績が良いものの、そこまで良いとは言えない部門も散見される。
安定した収入があり、また国内においては盤石の体制になりつつある金融事業があるため、急激に悪化する可能性は極めて低いと考えられる。その他、エンタメは好調だかプレイステーションや音楽はコンテンツの当たりハズレが大きい点と、ゲームにおいては競合他社が新規参入してくる点から、危機感がある。

ソニーで働いている社員は、事業の成長性や将来性について、比較的ポジティブな印象を抱いていることが伺われます。一方で、ゲーム業界だけでも競合他社がたくさんいることや中には全てが好調とはいえない部門があることに不安を抱えている方もいるようです。

ソニーの平均年収

ソニー平均年収グラフ


2020年7月時点 転職会議より

年収分布を見てみると、1000万円以上の年収の方が一番多いという結果が見えてきました。

上記分布図は、あくまでも転職会議に口コミを投稿している方の投稿情報から作られた平均年収グラフになっているので、前後のふり幅は当然のことながらありますが、転職を検討する一つの参考材料としてご覧ください。

年収、評価制度

転職会議の「年収、評価制度」カテゴリーに投稿してある社員の口コミも見てみましょう。

大手だけあって年収は比較的多い方だったのではないかと思います。 賞与もしっかり出ていたので満足していました。 評価の方も成果に対して必ず良い評価をされるとは限らないが、大体はしっかり評価してくれる。
入社5年目を過ぎたあたりから給与には少しずつ差が出始め、特にボーナスの額は評価によって大きな差がつくことがある。よく言えば実力・成果主義である。
年功序列的なものより実力主義的な要素がだいぶん浸透してきているし、そのぶん仕事の評価も厳しく査定されるようになってきている。
年俸制になったので、確実に給料をもらえる。同世代よりも高く、業務に対する給料は高いと思う。ボーナスもあるし残業代も必要ならつく。ただし、手当面はだいぶ削られているので注意が必要ですかね。

年収についても、満足をしている方が多い印象です。また、年功序列ではなく実力を評価するという口コミが見受けられました。成果を出さなければ評価に繋がらないというところに一部プレッシャーを感じる人も一定数存在してそうです。

ここで気になるのはソニーのスキルアップや教育体制制度ですよね。ページの中盤で、スキルアップ・キャリア開発・教育体制に関する口コミ評判が出てきますので、そちらも合わせてご確認ください。

ソニーはホワイト企業?口コミ評判まとめ

「事業の成長性や将来性」や「年収、評価制度」以外のカテゴリーに投稿された口コミも下記にまとめましたので、ぜひご参考にしてみてください。

仕事のやりがい、面白み

担当部署に関係があることなら、やりたい事を任せてもらえる自由度があった。最新技術に触れられる機会も多く、他の企業や協力会社と連携を取って仕事ができる面白さもありました。
自分の仕事は自ら創り出すべきという考え方があり、「やりたい」と意思表示すればチャレンジできる文化があります。逆に受け身な人には仕事が回ってこない(良くも悪くもほったらかしにされます)ので、向き不向きがあります。
ソニーグループ会社への出向が稀にあるため、ソニー株式会社だけで働きたいと思うには運も実力も必要。出向先はソニーコミュニケーションネットワークや、ソニーピーシーエルなど全国各地だが大きい会社なのでしょうがない

スキルアップ、キャリア開発、教育体制

膨大なソースコードに触れることが可能。自身の向上心次第でどこまでも深く潜り込んでいける。組み込みエンジニアとしては一流の先輩などが存在していることもポイント
社内研修が常に実施されており、興味のある分野の専門技術が学習できます。ただし業務が佳境の時や上長の意向(業務時間内に興味本位での別分野の研修を認めることに難色を示す方もいるようです)では参加できないこともあります。
教育育成などの社内プログラムは多くはあるが、必ずしも積極的に活用されていないかもしれない。自分でどういう学びが必要かを自分で理解し、用意されたものから探すか、あるいは、社内になければ社外から探してくるという積極性が求められる。この研修を受ければあとは安心というものは、基本的なコンプライアンス研修などを除きあまりない。

福利厚生、社内制度

映画のチケットが安く買えたり、B級セールでよいものが手に入ったりもします。 タレントが来てフロアでイベントを開催したり、ライブもみれたり。最新の映画観賞会も楽しみの一つです。
毎年、ソニーポイントか旅行券が付与される。ソニーポイントでソニー製品を購入できる。
実家から移動100分以上かかる若手の間は30歳になるまで会社保有の寮or借り上げ寮に入ることができる。

社員、管理職の魅力

スキルが高くコミュニケーション能力も高い人が多いので、周りから良い刺激を受けれる。優秀な新入社員や転職社員が集まってくるので、上手く纏めるリーダーがいれば大きな成果が得られると思います。
個々の社員のレベルは非常に高い。一人一人が確固たる意志を持ち、常に考えながら行動している。また学閥などもなく、能力が政党に評価される仕組みが整っている
組織のレイヤーが多層かつ、上意下達ではなく良くも悪くも自由闊達なため、どの立場の管理職も上から下からの強いプレッシャーがあり、強い精神力と明確なゴールがなければ務まらない。

ワークライフバランス

有給はかなり取りやすい。 年度の始めに休暇日程を書くように指示される。一年に最低10日は有給消化することが推奨されている。 休みの連絡はメールでよいので気楽にやすめる。
個々人の考え方を強く尊重してくれる雰囲気があると思います。遅くまで働く仕事好きな人も多くいるし、定時にはしっかり帰宅するプライベート重視な人もいます。(なんとなく、前者の割合が他社よりは多めな気がします)
休みやすい。もちろんプロジェクト佳境時期や何らかのトラブルがあった場合はその範疇ではないが、基本的には年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み、は沢山休みが取れる。年末年始は2~3週休む人が多い印象。

女性の働きやすさやキャリア

テレワークやフレックスなどをうまく利用して、効率的に働ける。子供を夕方病院に連れて行きたい日や台風が来る予定の日は無理に出社せずに家で仕事できるのはありがたい。 女性の管理職も珍しくない風土で、良くも悪くも男女平等と感じる。テレワークもフレックスも男性も女性も適度に使っているように感じる。男性だからと言って使いにくい制度ではない。
男女間での昇進システムに全く差はありません。システム上は、男女平等です。
出産しても働き続けている女性社員は多く、男性の上司も子ども関係のイベントで休んだりしていたので、制度だけでなく、雰囲気的にも、長く働き続けやすい会社だと思う。年に1回、家族を職場に呼ぶイベントがあり、普通に仕事をしているところに上司や同僚の家族が来て挨拶をすることがあった。人によってはあまり関心がなさそうな人もいたが、上司や同僚のことを身近に感じる良い機会だったと思う。

入社理由、入社後に感じたギャップ

入社後のギャップは少なかった思います。個人個人がやりたい仕事を任せられている印象です。評価を取ろうと思うとやはり残業はしなければいけないのかもしれませんが基本的に自由な雰囲気です。
入社当時のソニーは、チャレンジ精神があり、スピードがあり、更に一般社員もマネジメントもネアカで明るく、且つとても風通しが良い組織でした。
いい意味で意識が高い人が多い。常にモチベーションを高め、自習は欠かせない。その為、自分にビジョンがしっかりとある人には、いい会社だと思う。特にビジョンがなく、入った人にとっては、少し厳しいかもしれない。

面接・選考

【印象に残った質問1】前職で残した成果は何ですか
【印象に残った質問1】理想なビジネスマンとは
なるべく答えやすいように場を和ませてくださった。 答えにくいような質問はないので身構える必要はない。 またなぜ自分がこの企業を受けるのか、この業界を受けるのかを必ず固めてから面接に挑んだ方がいいと思います。 今の選考状況や他社との比較は必ず考えておいた方がいい。

退職理由、退職検討理由

長期的なキャリアを気づくことが難しいため。海外駐在に行って帰ってきたあとの40歳以降のキャリアイメージが湧きにくい。上のポジションが詰まっているため、管理職になることが非常に難しいというかほぼ無理。実力があっても課長の一歩手前で止まっている人が多い。
退職者も割といるのか、意外とあっさりとしていました。 Uターンすることになったので、退職することになりました。
20年近く働いて、定年退職した人をほとんど見たことがないから60まで働けない会社なんだと思う。途中で転職していくか、早期退職でやめていくか。

転職会議は、「良い点」と「気になること・改善したほうがいい点」の口コミが投稿できる仕様になっているため、口コミの内容は一長一短ありますが、だからこそ良い点ばかりではない非公式なリアルな評判も手に入れられたのではないでしょうか。

ソニーの評判口コミについて、もっと詳しく見たい方は、転職会議も合わせてご覧ください。現在、ソニーには5100件を超える口コミが集まっています。

ソニーはブラック企業か!?評判データグラフから判断!

ソニー評判グラフ
ソニー評点


2020年7月時点 転職会議より

非常に高い水準になっているのが、上のグラフでわかります。とは言え、合わせて入社難易度も高くなっているため、転職前にしっかりと対策を行わなければ内定がもらえないということにもなりかねません。

対策の一つとして、転職会議の「面接・選考」口コミがお役に立てそうです。

また、ブラック企業の特徴と言えば、給料が低い、福利厚生が満足のいくものではない、教育、研修制度が不十分である、パワハラやセクハラが横行しているなど、様々なイメージが思いつきますが、ソニーの評判はどうでしょうか。

ソニーはこの総合評価グラフを見る限りだと、ブラック企業ではなさそうな印象を持ちました。

ソニーで働く社員の職種別満足度

ソニー職種別評価まとめ
 

2020年7月時点 転職会議より

転職会議では、ソニーで働く社員の職種別の満足度や平均年収、そして平均残業時間が一覧でご覧いただけます。

ソニー職種別評価


さらに、気になる職種をクリックすると詳細ページに飛び、社員の評価・口コミや実際の仕事例、募集中の求人などが1つのページにまとまっているので、ソニーへ転職を考えているあなたにとってお役に立てるページになっています。

実際に働いていた元社員や社員の会社に対するリアルな評判や評価をご覧になった今だからこそ、本当にあなたに合った企業であるのか?あなたに合った働き方が出来るのか?ということを今一度お考えになってみてください。

ソニーの中途採用情報

「やっぱり、ソニーに転職したい!」そう思ったあなたへ。 ソニーではシステムエンジニア、プロジェクトマネージャー、アプリ開発エンジニアなどの職種で、現在多数の求人を中途採用で募集しています

求人一覧


また、転職会議は大手転職サイトと求人を提携しているため、多くの求人をまとめて検索することができます。

求人と一緒にこの記事以外の評判が書かれた口コミ情報もたくさん載っているので、口コミを活用して自分ぴったりの求人や会社を見逃さないようにしてください。そして後悔のない転職をしてくださいね。

後悔のない転職を成功させるために、転職会議がお手伝いできること

転職会議では、この記事だけでは紹介しきれなかった会社の評判、口コミが数多く掲載されており、実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見ることができます。

この記事だけでは紹介しきれなかった、ソニーを始めとした300万件以上の口コミが見たい方は下記ページから会員登録をしてみてください。

最後に

転職会議の口コミ情報を元に、ソニーの評判をご紹介いたしましたが、お役に立てましたでしょうか。ソニーの評判には一長一短あるものの、全体的に高評価であることがわかりました。

このように、事前に情報収集をしておくと面接対策はもちろんのこと、入社後のギャップを減らすことができ、さらに就業後のイメージがつかみやすくなります。 「求人情報やホームページだけの情報では物足りない」という方におすすめのレポートでした。

転職会議と転職会議レポートをキッカケに、素敵な企業と出会えますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職会議レポート編集部 オススメの転職エージェント

10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、
フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問

【選ばれる理由】
【1】一人あたり平均8時間の手厚いサポート
【2】初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了
【3】未経験OKの正社員求人も多数取り扱い

オススメ
10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象にオーダーメイド型でサポート

【選ばれる理由】
【1】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
【2】選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
【3】ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上

あなたにおすすめの記事

今週のアクセスランキング

転職会議レポート編集部がオススメする
転職サービス一覧
10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしています。
オーダーメイド型でのサポートを実施する、10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。
25~35歳、初めての転職に特にオススメの総合型転職エージェントサービス。地方求人など滅多に流通しないレアな求人が豊富です。
IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。専門用語や最新技術の話が通じるCAがあなたの転職をサポートします。
「ミイダス」は、パーソルキャリアが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。