転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ

年収1億から給料0円まで!?フルコミッションという働き方の実態とは

年齢や性別に関係なく、成果に応じて収入が決まる「フルコミッション」という働き方。この記事では、転職会議に寄せられた口コミから見えてきた、フルコミッションの実態や、メリット・デメリットなどを紹介しています。フルコミッションに興味がある方は、ぜひご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収1億から給料0円まで!?フルコミッションという働き方の実態とは

年齢や性別に関係なく、成果に応じて収入が決まる「フルコミッション」という働き方。この記事では、転職会議に寄せられた口コミから見えてきた、フルコミッションの実態や、メリット・デメリットなどを紹介しています。フルコミッションに興味がある方は、ぜひご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、「フルコミッション(完全歩合制)」という働き方をご存知でしょうか?

実際に、営業職ではメジャーな雇用形態のひとつで、うまくいけば、普通の会社員では到底考えられないような高額の年収を手にすることも夢ではありません。

この記事では、フルコミッションで働く人の「年収」や「収支」、「労働時間」などを、転職会議に投稿された口コミからピックアップして、その全貌を明らかにしています。フルコミッション型の働き方に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

フルコミッションとは?

フルコミッションとは、完全歩合制とも呼ばれ、成果に応じて賃金が支払われる給与形態のことをいいます。

一般的に、フルコミッションで働く人は、特定の企業の社員ではなく、個人事業主となって働きます。そして、企業とは雇用契約の代わりに業務委託契約を結び、特定の分野の営業などを担い、成果に応じた報酬を得るような仕組みです。

自分の頑張りに連動して収入が上がるというのは、モチベーションのアップにもつながりそうですね。

しかしながら、フルコミッションには基本給という概念がないので、成果があがらなければ、収入を得ることはできません。

そのため、何千万円も稼ぐ人がいる一方で、収入がゼロになるリスクも伴い、完全に実力主義の働き方と言えるでしょう。

フルコミッション導入業界ランキング

自分の実力やスキルに自信があり、なおかつ「企業に属さず自由に働きたい」「高収入を得たい」という人にとっては、フルコミッションという働き方は魅力的に感じられるのではないでしょうか。

そこで、まずはフルコミッションを導入している業界のランキングを紹介します。
フルコミッションへの転身を検討する際の参考にしてください。


このランキングから、フルコミッションを導入しているのは、保険や不動産業界に多いことがわかりました。
これらの業界の中でも、フルコミッションで働けるのはほぼ営業職に限られますが、保険や不動産の営業でフルコミッションの働き方が多いというのは、ほぼ皆さんの予想通りの結果となったのではないでしょうか?

保険は1回1回の支払金額はそこまで多くはないものの、契約満了まで支払い続けると、かなり高額な金額になります。また、制度も複雑で難解なことも多く、やはりそこは契約者にどう納得して加入してもらうか、営業の手腕が問われることになるでしょう。

不動産は一般的に高額で、土地や建物などに付随する権利関係の法律も難解なため、やはり営業には知識とノウハウが求められます。

また、第3位にランクインしている専門店には、車のカーディーラーをはじめ、高額な商品を扱っている店が多くありました。

これらのことから、フルコミッションの働き方を導入しているのは、一般顧客向けの高単価商材を取り扱っており、なおかつ営業に一定の知識とスキルが求められる企業に多いということが伺えます。

青天井か生活苦か。全ては自分次第。

フルコミッションで働いている人たちの間で顕著に現れてくるのが、やはり「収入格差」です。フルコミッションでの稼ぎは、どこまでも自分次第。運が良ければ、思わぬ大金を手にすることはあるかもしれませんが、幸運はそう長くは続かないため、やはり自分の実力がものを言うのです。

本当に実力がある人のなかには、フルコミッションで2000万プレイヤー、1000万プレイヤーになる人も珍しくありません。なかには1億超えの人もいるようです。サラリーマンの生涯年収は平均2.5億円と言われていますが、その約半分をたった1年で稼ぎ出してしまうなんて、ものすごいことですよね。

とはいえ、フルコミッションで働く人の皆が皆、高収入であるとは限りません。莫大な財を成す人がいる一方で、収入ゼロか、あってもごくわずかで、生活ができなくなり、辞めてしまう人も少なくないのです。

このように、フルミッションで働く人は、どうしても「収入格差」が激しくなってしまいます。また、基本給が設定されているようなサラリーマンとは違い、平均的な収入の「中間層」がいないのもフルコミッション型の仕事の大きな特徴です。

想像以上にシビア!?離職者の絶えないフルコミッション

フルコミッションは完全に成果主義、実力主義であるがゆえに、なんらかの成果をあげない限り、収入を得ることはできません。そのため、長期間収入が得られず、生活苦に陥り、離職してしまう人も少なくありません。

実際、「1年以内の離職率が高い」というのも、フルコミッションの特徴のひとつ。それだけフルコミッションという働き方は、シビアで過酷というわけですね。以下、フルコミッションの離職理由をケース別に見ていきましょう。

自己都合での離職のケース

生活苦になって辞める人が多い。退職者は年間3000人。
出典:転職会議|ジブラルタ生命保険株式会社 正社員 30代前半 男性 社員クラス 個人営業

会社都合での離職のケース

基準を満たさなければ例え何十年選手のベテランでも即解雇なので安定性は皆無です。
出典:転職会議|アクサダイレクト生命保険株式会社 正社員 20代後半 男性 社員クラス 法人営業の口コミ

離職ではないが地位が降格されるケース

毎月一定の基準に届かないと社員から、アルバイト扱いに降格、その後基準をクリアすると正社員に戻れるが、アルバイトになると扱いはひどいもの。
フルコミッションなので契約を取れば給与はかなり良いです。でも最初のうちだけで、まわるところがなくなり、契約件数が減れば悲惨なもの。
大口の解約が契約してから2年以内に発生すると、悲惨です。給与がマイナスになることも、マイナス分はもちろん自分が会社へ支払います。
出典:転職会議|マニュライフ生命保険株式会社 正社員 30代前半 男性 個人営業の口コミ

自己都合で離職するケースでは、収入が得られないことを苦に離職するほか、「結果を出せないと居場所がなくなる」というように、成果を出せないことの気まずさから離職してしまう人も、一定数いるようです。

また、成果を出せないと、本人に続けたいという意思があっても、会社側から退職や契約打ち切りを申し入れられる、ということもあるようです。実際、査定がクリアできないと、即退職になるという基準が設けられている会社もあるのだとか。とても厳しい世界ですね。

こうして、毎月たくさんの離職者が発生し、フルコミッションで残れる人というのは、ほんの一握りになってしまうようです。

フルコミッションで働く際の気になる収支は

入社直後・契約直後は収入保障あり

最初3か月間は収入保障があり、安心できるがフルコミッションのため、契約が取れなくなると徐々に給料が減ってくる。
出典:転職会議|ソニー生命保険株式会社 正社員 40代前半 男性 社員クラス その他の金融関連職の口コミ

ほとんどのフルコミッション導入企業では、入社直後は「補給」「保証給」「収入保障」「研修手当」といった名目で、成果に関わらず給与が支払われているようです。ただし、「初年度から給与保障なし」という声も上がっていたので、一概にすべての企業で収入保障が支給されるとは限りません。

また、収入保障の制度があっても、企業によって支給される期間はまちまちで、短くて3か月、長くても2年間というのが相場のようです。

確かに入社直後にいきなり成果を出すのは難しいですが、保障期間を過ぎてしまうと、「成果を上げずして収入なし」、という状況になってしまいます。

営業経費は持ち出しのことも

自分で経費(交通費・交際費・通信費など)を捻出しなければならないため、実質手元に残るお金は僅少である。
出典:転職会議|ジブラルタ生命保険株式会社 正社員 20代後半 男性 社員クラス 法人営業の口コミ
フルコミッションでしたが、半数位は最低賃金保障で借金を抱えたりアルバイトなどの副業をしている人が多かったです。2割の成功者と8割のどん底生活を送る者たちの格差をひしひしと感じました。
出典:転職会議|ジブラルタ生命保険株式会社 正社員 30代後半 男性 個人営業の口コミ

一般的なサラリーマンであれば、営業にかかった経費は会社に請求することができますが、フルコミッションで働く場合、基本的に営業経費は自分で負担しなくてはなりません。一回あたり数百円の交通費や数百円のコーヒー代なども、積もり積もればかなりの金額になるでしょう。

それゆえ、ある程度の貯金がないと、売り上げが落ち込んで収入が減った時に、耐えられなくなってしまいます。なかには支出に収入が追い付かず、借金を抱えてしまう人もいるようです。

時間は比較的自由に使える

フルコミッション制なので、自由度はかなり高い。
直行直帰も出来ましたので、子供が小さい時は保育園の送り迎えには助かりました。残業という話も無縁という環境でした。
人に会う事が全てなので、夜遅くまでオフィスにいる空気感も無いので、サラリーマン的な拘束は無い印象でした。
出典:転職会議|ジブラルタ生命保険株式会社 正社員 男性 社員クラス 個人営業の口コミ

フルコミッションでは残業がないという声が、転職会議に寄せられた口コミの大多数を占めていました。さらに、基本的にはタイムカードという概念もないので、決められた時間にオフィスに出社している必要もなく、定時帰りも直行直帰も可能で、自分の裁量で自由に時間の使い方を決められることが多いようです。。

その一方で、必ずしも誰もが悠々自適に働けるとは限らず、下記の口コミのように、「成績が振るわない場合は仕事漬けにならざるを得ない」という声も見受けられました。成果を上げない限り収入を得られないので、休みたくても休めないような人も多いというのも、フルコミッションの実態のようです。

土日は基本的に働きます。振休はとれますが成績が良くなければ休んでいる場合ではありません。人が休みで在宅のときこそ働くときですので、正直な話、一部の人を除いてはほとんどの人が休まず働いています。
出典:転職会議|アフラック保険サービス株式会社 正社員 10代後半 女性 個人営業の口コミ

わかりやすく、そして厳しいフルコミッションの世界

役職の評価もほとんどが定量評価である。やればやっただけ正当な報酬と評価を受ける事が出来る。
出典:転職会議|プロパティエージェント株式会社 正社員 30代前半 男性 部長クラス 個人営業の口コミ
営業はフルコミッションなので 数字を出せば報酬をもらえ、管理職を受ける権利ももらえる。実際に女性の管理職も増えてきている。
出典:転職会議|ジブラルタ生命保険株式会社 正社員 20代後半 男性 個人営業の口コミ

フルコミッションで働くとなると、契約を取り、成果を上げ続けない限り、生活が厳しくなってしまします。そのため、フルコミッションは終わりなき見込み顧客の新規開拓と言えるでしょう。

ですが、フルコミッションには過酷な点ばかりではありません。リスクを背負う分、ハイリターンが得られる点や、成果が人事評価に直結し、公平な評価が得られる点は、フルコミッションの大きなメリットです。

たとえ若手であっても、成果によっては普通のサラリーマンでは手が届かないような高収入を得られることもあるので、営業力に自信のある人は、フルコミッションで自分の腕を試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職会議レポート編集部 オススメの転職エージェント

10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、
フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問

【選ばれる理由】
【1】一人あたり平均8時間の手厚いサポート
【2】初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了
【3】未経験OKの正社員求人も多数取り扱い

オススメ
10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象にオーダーメイド型でサポート

【選ばれる理由】
【1】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
【2】選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
【3】ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上

あなたにおすすめの記事

今週のアクセスランキング

転職会議レポート編集部がオススメする
転職サービス一覧
10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしています。
オーダーメイド型でのサポートを実施する、10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。
25~35歳、初めての転職に特にオススメの総合型転職エージェントサービス。地方求人など滅多に流通しないレアな求人が豊富です。
IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。専門用語や最新技術の話が通じるCAがあなたの転職をサポートします。
「ミイダス」は、パーソルキャリアが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。