転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキングTOP5

理由や背景はそれぞれ違っても、せっかく入社したのに職場環境が原因で会社を去ってしまう離職者たち。口コミからその実態を覗いてみると、人間関係に翻弄された悲しい内情が見えてきます。なかでも、上司に失望する声は大変多く、人生の先輩として残念すぎるエピソードがたくさん。今回は、そんな「働きづらい上司」の下で耐え忍んだユーザーの声から、もっとも顕著な特徴をランキングでご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
405_ext_01_0.jpg

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキングTOP5

理由や背景はそれぞれ違っても、せっかく入社したのに職場環境が原因で会社を去ってしまう離職者たち。口コミからその実態を覗いてみると、人間関係に翻弄された悲しい内情が見えてきます。なかでも、上司に失望する声は大変多く、人生の先輩として残念すぎるエピソードがたくさん。今回は、そんな「働きづらい上司」の下で耐え忍んだユーザーの声から、もっとも顕著な特徴をランキングでご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%E9%9B%A2%E8%81%B7%E8%80%85.jpg

1位:頭ごなしに決めつける(コメント数:1130)

  • 拘束時間の長さと、売れる人は何をしても良いという雰囲気。来たお客様に販売できなかった場合は、人として否定されます。何か問題が起こった場合、20代の若手が悪いと決めつけて話すら聞いてもらえません。(専門店/販売スタッフ/女性)
  • 給料面はそこそこ良いほうだが、会社として営業マンの仕事の進め方を決めつけて全員同じようにやらせようとするので仕事がやりづらいのと面白みがない。(専門店/個人営業/男性)
  • 思い込みで疑いをかけ勝手に上長のみで話をし、店長に指示を出します。疑いをかけられた側としては何の事かさっぱり分かりませんし、なぜ監視されなければいけないのかも納得出来ません。(証券・投資銀行/一般事務/女性)
 

自分の指示ミスだとしても、若手の未熟さのせいにしたり、自分の仕事のやり方が正しいと決めつけたり、思い込みのはげしい上司への不満は募るばかり。自分の言動を顧みず、周囲の環境を考慮しない視野の狭さが目立つ上司が多い職場では、部下がやる気を奪われるのも無理はありません。

2位:権力に物を言わす上司(コメント数:1038)

  • 中にはルートを意識し、BtoBから売上を伸ばす優秀社員もいますが、大体、弾かれて退職しています。それは、本部長、部長クラスが直販スタイルノウハウでのワールドを持ち、それと違う方法の社員を悪とするためです。精神的に追い込むのが好きな本部長、部長クラスが多い会社です。(専門商社/ルートセールス・代理店営業/男性)
  • 前時代的な上司が多い。気分しだいで叱られることが多い。体育会の行き過ぎ。休日に電話があることが多い。早めの時間の出社の強要。良くも悪くも大きくなりすぎて、社長が目指したいものが分からない。(専門店/販売スタッフ/男性)
  • パワハラの嵐。とにかくパワハラがひどい。土下座の強要や殴られたりけられたりはよく聞く。家族や友人に商品を買わせるために上司や先輩からひどい罵声を浴びせられて会社にこれなくなった人もいた。うつ病など精神的に病む人がとても多い。上司もヒステリックな人間が多く、同僚も同様である。労働環境はとんでもなくひどい。(リース・クレジット・信販/個人営業/男性)
  • 毎日12時間労働かつパワハラに耐えられなくなり退職をした。エンジニアが全員、特定派遣で常駐先に勤務するため自社の社員の顔さえも知らない。労働環境は最悪で、定時で終わろうとすると暴言を吐かれたり、残業を強要されたりする。(教育/その他のシステム・ソフトフェア関連職/男性)
 

気分次第でつらく当たられるのも意味が分かりませんが、土下座や暴力がまかり通る職場は、倫理的にも法律的にも一線を越えています。自分のポジションを守るためや、保身のために部下の活躍を阻んだり退職に追いやる上司は、自分の自信のなさを体現しているようなものですね。

3位:無責任な丸投げ上司(コメント数:793)

  • 自分の指導、配慮に欠ける失敗は全て部下の責任。面倒な仕事は全て『あなたに覚えてもらいたいから』。嫌な役回りは『あなたに期待してるから』。これですべてが丸投げされる状態が罷り通っています。(その他(小売/流通/商社系)/店長・店長候補/女性)
  • 古株の人が決定権を持ちすぎており、守りの姿勢に入っているので、企業の成長はあまり望めません。仕事を丸投げにしたり、責任を他部所や、部下に押し付ける上司が多くまた、メーカー開発や管理が弱く、商品のクオリティーや価格が一向に改善せず、苦しい状況がなかなか改善して行きません。(その他(小売/流通/商社系)/商品企画/女性)
  • 職場内のパワハラが多発したため。自分は当事者ではなかったが、問題解決のために上長、本社の人事本部長に助けを求めてもハラスメントに対する認識が甘く、事態が悪化。相談してきたチームメイトを助けられなかった上に、上長には対応をなすりつけられ、上長のボスにはパワハラを人事に報告したことへの報復を受け、働き続ける価値がないと判断。(ソフトウェア/ハードウェア開発/コールセンター運営・管理/女性)
  • とにかく経営層も次期経営層も無責任。会社の業績や従業員の生活より良くしようという気持は感じられませんでした。みな己の私利私欲ばかり。(半導体・電子・電気機器/研究・開発(医薬)/男性)
 

部下への指導や配慮も上司の仕事のうちなのに、面倒な仕事を押し付けるだけでなく、その結果の失敗も見てみないふり。会社の業績が悪化しても、将来自分の身に振りかかる火の粉を想像できず、自分のことだけ大切にする上司はほとほと尊敬に値しませんね。

4位:口だけで働かない上司(コメント数:497)

  • 成果を残しても評価されることは全くなかった。頑張れば、頑張った分、損することにはなる。しかし、口だけ達者の人が出世する会社であったので、仕事はできなくでも、喋りに自信がある人にとっては良い会社であろう。(ソフトウェア/ハードウェア開発/プロジェクトマネージャ(制御系)/男性)
  • 誰が何の仕事をしているか分からない。上司が部下のマネジメントをしない、責任を取らない人が多い。また、出戻り社員が多く大して使えない上司や口だけの上司が多い。(ソフトウェア/ハードウェア開発/法人営業/男性)
  • 社長、部長が夫婦の所謂家族経営。会議では会社をよくしていこうとは散々言うが基本口だけの事が多く、社長は新しい事をやろうとは言うが、言うだけで放置状態になることが多い。(リース・クレジット・信販/一般事務/女性)v
  • 行き当たりばったりで、自分達は痛みを伴わない意思決定を行っており、本当に能力のある現場の人が上に立っておらず、なんとも理不尽な事になってます。業務内容もおそらくかなり古いビジネスモデルであり、お願い営業と御用聞きが多く、顧客に対して情を持つと心が痛くなったり、感情的になったりします。(その他(金融/保険系)/法人営業/男性)
 

年功序列など古い体質をいいことに出世できた上司の下では、上司の分まで仕事をこなさなければならない部下の負荷が増えるだけ。現場の状況や会社全体、将来の見通しを考えないで決定権を行使されると、その尻拭いも部下が奔走することになり、疲弊してしまいます。

5位:じめじめ陰湿な上司(コメント数:416)

  • 転職していった人間の悪口、従業員に対する罵詈雑言、悪い噂など当たり前です。人格を疑いたくなるほど幼稚で陰湿な話題で盛り上がっていたりする様な人間が幹部には多いように思います。(自動車・運輸・輸送機器/個人営業/男性)
  • 朝礼後は、毎朝、会長、社長の嫌味を一時間、延々と聞く日々の繰り返しに病みました。(ソフトウェア/ハードウェア開発/法人営業/男性)
  • お局様がちょっとした嫌味をしてくる会社です。行動の監視はもちろん、MTGでにぎりを交わした契約ですら、次の日には機嫌によって無かったことになったりします。また、役員の中では既得権限を振りかざす人も多く、新しい企画やアイディアは立案段階でねじ伏せられもみ消そうとされます。(その他(小売/流通/商社系)/WEB編集・コンテンツ企画/女性)
  • とにかく年齢層が高く、パワハラ、セクハラは日常茶飯事。毎日怒鳴り声、嫌味、嫌がらせが慢性化しています。そのせいで若いスタッフは長続きせず高齢化の悪循環。よほど精神的にも肉体的にもタフじゃないと働けない。(医療・医薬/販売・接客・ホールサービス/女性)
 

仕事に集中していれば、人の悪口をいう時間などないはずなのに、部下の態度の端々に因縁をつけてくる上司。健康な精神の人には理解ができない思考回路なので、無視してやり過ごそうとしても上手にアラ探しをしてくる手腕は見事なもの。組織的規模で軸がずれた慣習のある会社では、長くいるとその人の人格にも大きく影響を与えるのかもしれません。

いつか自分も「困った上司」にならないように

以上、人間関係の問題は、多少はどこの職場でもつきものですが、なんとも困った上司の多さにやるせなさを覚えます。今回取り上げたような困った上司に悩んだ時、離職したほうが懸命か、ある程度諦めて職場に残ったほうが懸命はケースバイケース。良い面もある職場なら、少し発想を変えて上司を上手くあしらうなどして、心の逃げ道をつくってみるのも一つです。

一方で、今の上司に尊敬できる一面や感心するポイントがあるのであれば、それは大変ラッキーなことかもしれません。そういった上司の仕事の進め方や部下への接し方をしっかり学び、いつか自分も「困った上司」にならないように気をつけたいものですね。

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事