転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

英語力が問われる会社ランキング!楽天VSユニクロVSソニー、果たして一位は?

訪日外国人数を街で見かける機会が増えたこの頃。社会のグローバル化を実感する転職者にとっても、次の会社に世界的に活躍する企業を狙っている人もいるのではないでしょうか。日本と海外をつなぐスケールの大きな仕事に憧れを抱く一方で、心配なのが英語力。

今回は、グローバル企業で働く人々のクチコミから、業務をするうえで英語力を問われる比率が高い企業をランキング形式でご紹介。トップ5社のクチコミから、現場でどのように英語力が問われているかをのぞいてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語力が問われる会社ランキング!楽天VSユニクロVSソニー、果たして一位は?

訪日外国人数を街で見かける機会が増えたこの頃。社会のグローバル化を実感する転職者にとっても、次の会社に世界的に活躍する企業を狙っている人もいるのではないでしょうか。日本と海外をつなぐスケールの大きな仕事に憧れを抱く一方で、心配なのが英語力。

今回は、グローバル企業で働く人々のクチコミから、業務をするうえで英語力を問われる比率が高い企業をランキング形式でご紹介。トップ5社のクチコミから、現場でどのように英語力が問われているかをのぞいてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このランキングでは、転職会議に寄せられた情報の中から、グローバル規模で展開する企業で働く人のクチコミを抽出。業務で英語力を求められるという内容を含む企業を頻出順に並べてみました。では、気になるトップ5のクチコミを見てみましょう。

1位.楽天株式会社(471)

やっぱりという声も聞こえてきそうな楽天は、2位以下を大きく離して堂々の1位に。中で働く人々は…

・ 週一回の朝会で、英語のスピーチ(女性)
・ グローバル展開を推進しているため、社内にいる外国人社員数もかなりの割合になってきており、英語でのコミュニケーション能力を向上させながら業務を推進していくスキルの向上を図れるのはやりがいにつながっている(男性)
・ 社内は英語が公用語となっているので、社員の間でも良い意味で競争心が生まれていたと思います(女性)
・ 英語化の影響により、英語の教材を無料で提供してくれる制度があります(男性)

やはり、社内での英語使用頻度は高そうで、外国人との異文化コミュニケーションも日常に見られる楽天。英語力アップのために、学習教材をサポートしてくれるバックアップは素敵ですね。

楽天株式会社のクチコミはこちら

2位.日本アイ・ビー・エム(185)

・ メールを含めたさまざま社内情報が英語である場合が多いので、英語は必要です(女性)
・ 外国人マネージャーが近年増え、その傾向は増しているように感じます(女性)
・ スキルアップ及び一定レベル以上の研修を受講するためには英語力は必須の条件になっている(男性)
・ 英語の研修も用意されており、やる気がある人であれば習得する機会も用意されている(男性)

楽天と同じく、社内外問わず日常的に英語でのコミュニケーションが求められている様子が分かる日本アイ・ビー・エム。キャリアを積んで行くためには英語は避けられないツールのようで、そのサポート体制の充実度も伺えます。

日本アイ・ビー・エムのクチコミはこちら

3位.ソニー株式会社(125)

・ 英語を使う機会は非常に多いので、意識していれば日本の会社としてはかなり使える英語を身に着けられると思います(男性)
・ 昇進昇給については、英語力が必須。日頃から語学について自己研鑽が求められるし、会社側もサポートしてくれる(男性)
・ 海外事業所への出張対応も比較的容易に許容して頂き、出張ベースでの海外経験も体験が出来る環境です(男性)
・ 英語、プレゼンテーション、ネゴシエーションなど業務を円滑に進めるための研修が多く、実際の社内業務に役立つ(男性)

ビジネスでの実践的な英語研修が充実していて、海外での就労経験もサポート体制が整っているソニー。習うより慣れろと言いますが、英語を使わざるを得ない社内環境では高い語学力が磨くことができそうです。

ソニー株式会社のクチコミはこちら

4位.株式会社イーオン(118)

・ 英会話力は努力すれば話す機会はいくらでもあるので、英語力を身につけたい人には良いと思う。あとは、対人スキルはかなりつく(女性)
・ 外国人や帰国子女など変わったバックグランドのスタッフも多く、何かと刺激になることが多かった。日本人も留学経験者などが多く、国際感覚を身につけたい人には良い職場だと思う(女性)
・ 外国人教師がいらっしゃるので、英語力も自然と身に付きます。教えるだけでなく、自分も学ぶことができるという部分は大きな魅力といえるでしょう(男性)
・ ネイティブの先生とのミーティングは英語でしたが、込み入った話は日本人講師に通訳に入ってもらうこともありました(女性)

子どもからお年寄りまで英語を教える会社だけに、社員の英語学習へのモチベーションも高いイーオン。教える立場にあっても、さらにレベルの高い語学力を磨くための環境は整っているようです。

株式会社イーオンのクチコミはこちら

5位.株式会社ユニクロ(108)

・ 今後の市場を考えても、海外の比率が高まる。そのための語学学習、特に英語は会社のバックアップはあるが自分で時間を作り努力が必要(男性)
・ 中国語や英語を活かす場面が多くあります。海外の方と接したい方にはおすすめできると思います(男性)
・ 海外のスタッフとのやり取りや会議の場などで嫌でも英語を使うので英語力もあがるはず。とにかく世界で戦うために、英語が使える社員作りに余念がありません(男性)
・ 外国人のお客様と接することが比較的に多い(女性)

海外での店舗展開も広がり、国内の店鋪でも外国人客を見かけることが多いユニクロでは、海外市場を視野に入れた業務体制がデフォルトになりつつあるよう。そのプレッシャーを肌で感じて英語を習得しようとする社員の姿勢が伺えます。

株式会社ユニクロのクチコミはこちら

まとめ

以上、トップ5社の内情を見ると、始めから高い英語力を持っている人ではなくても、意欲のある社員には学習を支援する制度が整っている印象。企業側としても、優秀な人材が世界と話せる語学力を身につけてくれることを願っているようです。上記のトップ5以外の企業でも今後、英語が使える人材の需要は高まる傾向にあるため、世界とつながる仕事を望む人は、クチコミ情報で気になる会社の語学へのサポート体制をチェックしてみてはいかがでしょうか?

転職会議で気になる会社のクチコミをチェック!

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事