転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

【仕事ができる人はやっている?些細だけど効果がある職場での気遣い3選】

仕事ができる人を見て「自分とは何が違うのだろう」「どこに差があるのだろう」と思ったことはありませんか?
「仕事ができる人」=「気遣いできる人」 
あなたの周りを見てみてください。ほぼ100%当てはまる法則ではないでしょうか?いつも周りに気遣いができることは、ビジネスシーンにおいてとても重要なことです。
“適切な気遣い”ができるようになるために、意識すべきポイントを3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
402_ext_01_0.jpg

【仕事ができる人はやっている?些細だけど効果がある職場での気遣い3選】

仕事ができる人を見て「自分とは何が違うのだろう」「どこに差があるのだろう」と思ったことはありませんか?
「仕事ができる人」=「気遣いできる人」 
あなたの周りを見てみてください。ほぼ100%当てはまる法則ではないでしょうか?いつも周りに気遣いができることは、ビジネスシーンにおいてとても重要なことです。
“適切な気遣い”ができるようになるために、意識すべきポイントを3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  • 仕事ができる人とは?
  • 「仕事ができる人」が実践している3つの気遣い
  • 「さりげない気遣い」で仕事の効率アップ
  • まとめ

仕事ができる人とは?

仕事をするうえで、職場の人間関係はとても重要ですよね。コミュニケーションが円滑だと、業務の流れや状況を適切に把握することができ、結果として仕事が効率的に進みます。当たり前のことですが、人間関係を良好に保つには、「気遣い」は重要な役割を果たしています。そして、実は仕事ができる人ほど、この「気遣い」を意識的に実践し、良好な人間関係を意図的に構築しているのです。

 

気遣い上手は意外とむずかしい

 

ですが、適切な気遣いというのは、実践しようと思っても意外と難しいものです。なぜなら、「気遣い」は、TPOに配慮し、その時、その場所にふさわしい方法で行わなければなりません。気遣いの方法やタイミングを誤ってしまうと、むしろ「おせっかい」や「空気の読めない人」になってしまいます。

 
例えば、『最近元気ないけど、彼と(彼女と)喧嘩でもしたの?』などと、仕事中に周りに大勢の人がいる前で、プライベートに踏み込んだ質問をしてくるなど・・心配な気持ちは分かりますが、TPOをわきまえて欲しいものです。
それでは、適切な気遣いをするためには、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか?
 

「仕事ができる人」が実践している3つの気遣い

ここからは、気遣いを意識的に行っていくために、「仕事ができる人」が実際に気をつけているポイント3点をご紹介します。

 

① 相手の目を見る

 

日頃から自分の事しか考えていないと、周りに対して無関心になりがちですが、仕事ができる人は、普段からアンテナをはり、周りをよく見て仕事をしているため、“相手のちょっとした表情や態度の変化を感じ取る”ことができます。
そして、そのちょっとした変化から、「順調に進んでいる」、もしくは「困っている」などに気が付く事ができます。周りの人の状況や、何を望んでいるのかを見つけだす鍵は、その人の「表情」です。
しかし、最初から相手の「表情」を読み感じる事は、簡単なことではありません。そこで、簡単にできるはじめの一歩として、「相手の目を見る」ことを癖付けましょう。「目は口ほどに物を言う」と言いますが、その通りです。挨拶のタイミングや、ちょっとした会話の時など、日頃から相手の目を見る癖をつけることで、相手の表情の変化を感じるようになるはずです。

 

② 相手の癖を1つ以上見つける

 

自分が人にされたくない事を他人に平気で行う人は、気遣いの出来ない人として信用されなくなってしまいます。
仕事ができる人は、現状を正しく理解した上で “一歩先を読む”ことをしています。
一歩先を読むとは、「相手の立場に立った上で、相手がどのような事をすれば、助かったり喜んでくれるのかを考え行動する」という事です。
また、その行動や言動は、押し付けがましくなく、ちょっとした一言で相手をねぎらう、励ます、労わるなど、そんなさりげない優しさを持っています。

 
例えば、隣の席の人は仕事でイライラするとキーボードを強く叩く癖があるとします。そんな時はなぜイライラしているのかを判断し、仕事に行き詰っているようであれば、「何か手伝えることありますか?」と声をかけたり、「よかったらどうぞ。」と黙って飲み物を用意します。このように、イライラした時に、キーボードを強く叩く癖がある人や、不安な時にやたら前髪を触る人など、日頃から周りを観察していると、次第に相手の癖を見つけることが出来ます。そしてその癖から状況などを感じ取り一歩先を読むことで、相手から信頼感を得ることができます。この信頼感の積み重ねで仕事ができる人、仕事ができない人の差が大きくなります。
 

③ 全員が発言しているか確認する

 

仕事ができる人は、“どんな時でも周囲の状況を正しく判断し行動”します。
例えば複数の人がいる場面で、気遣いのできる人は、そこにいる全ての人が居心地よく過ごせるよう、その場にいる全員が会話に加われるようなトピックを話に持っていきます。それでも発言しない人がいる場合は、「どう思う?」と話を振ったり、「そういえば〇〇さん、この前こう言ってなかった?」など、相手が意見を話しやすい状況を提供すると良いでしょう。全員が発言しているかどうかを意識することで、どのような状況でもその場の雰囲気を乱さず、円滑にコミュニケーションが取れるはずです。
これに対して気遣いの出来ない人は、周囲の状況が見えていないため、自分が興味のあることだけを話し続けたり、一部の人にしかわからない話でその場を白けさせてしまいます。こんな人は気遣いの出来ない人として、マイナスな印象を持たれる恐れがあるので気をつけましょう。

「さりげない気遣い」で仕事の効率アップ

気遣いの出来ない人は嫌われる?

 

職場には様々な考えを持った人が多くいるため、必然的にその場の空気を読み、適切な対応をすること、つまり気遣いを求められます。
しかし、その場の状況によって臨機応変な態度が取れない人は、空気が読めない、気遣いができない無神経な人とみなされてしまい、職場での人間関係を損ねる可能性があります。そういった事態を避けるためにも、日頃から適切な気遣いを意識しましょう。

 

「さりげない気遣い」をすると、多くのメリットがある

 

常にさりげない気遣いができる人は、まわりからも慕われ気遣いをされるという特徴があり、困った時に手伝ってくれる仲間が多くなります。つまり、仕事の業績向上や業務改善など、様々なメリットがでてきます。

例えば、あなたの仕事が多い時に、気遣いができる人はあなたに「仕事が多いなら私も手伝いましょうか」と言葉をかけてくれます。そのお陰で、あなたの仕事は締め切りよりも大分前に終える事がでるはずです。そうしてくれた人を慕わないわけがありませんよね。
こうして気遣いができる人というのは、周囲の状況を把握する事ができ、自ら進んで人のために動いてあげようとします。そして、結果周囲から自然と慕われていくというメリットがあります。
 

特にチームを持って仕事をしている人や部下がいる人は、気遣いができるだけで、仕事の効率が大幅に改善するでしょう。会社という集団生活で気遣いができる人というのは同僚だけではなく、上司からも一目を置かれるというメリットがあるのです。

まとめ

仕事ができる人が行っている気遣いのポイント3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?いつも周りに「さりげない気遣い」をしていると、その場の雰囲気も和み人間関係も良くなります。まずは3つのポイントをおさえ、実践してみましょう。
上司や部下という職場での立場を超えて、ひとりの「人」として、さりげない気遣いのできる人になりたいですね。それが仕事ができる人へと一歩近づく秘訣なのかもしれません。

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事