転職会議レポート

転職会議 Report

アクセンチュアに転職|評判・残業・中途採用向け面接対策を徹底解説!

就職先、転職先としても人気の高いアクセンチュア。この記事では、アクセンチュアに転職を考えている人に向けて、アクセンチュアの年収や評価制度、働きやすさ、面接対策などを紹介しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセンチュアに転職|評判・残業・中途採用向け面接対策を徹底解説!

就職先、転職先としても人気の高いアクセンチュア。この記事では、アクセンチュアに転職を考えている人に向けて、アクセンチュアの年収や評価制度、働きやすさ、面接対策などを紹介しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職を考えたときに、転職先の「年収」「評価体系」「残業」など、表には出にくい内情が気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで、転職先としても不動の人気を誇る総合コンサルティングファーム、アクセンチュアの直近の内情を、転職会議に寄せられた口コミを元にリサーチしました。

また、アクセンチュアの「転職情報」や「面接対策」についても紹介しているので、アクセンチュアに転職を検討している人は、ぜひご参考ください。

アクセンチュアの企業情報

  会社概要
名称 アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
創業 1962年、事務所開設
設立 1995年12月
資本金 3億5千万円
従業員数 約13,000人(2019年9月1日時点)


まずは、アクセンチュアという会社が、どのような会社であるのかを簡単にご紹介します。

アクセンチュアとは、アイルランド発祥の、52か国200都市に拠点を持つ、世界最大級のコンサルティングファームです。

日本では赤坂ヘッドオフィスの他に、みなとみらいや大阪中之島にも拠点があります。

企業や経営者といったクライアントに対し、「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供することを事業内容としています。

アクセンチュアの平均年収

・平均年収:733万円(転職会議データより)
・転職時の平均年収:500-1500万円(求人情報より)

給与水準

年々ベースサラリーがアップしていることもあり、年収はアップ傾向にある。
出典:転職会議|在籍2019年頃 30代前半 女性 正社員 ビジネスコンサルタントの口コミ

2019年現在の情報によると、毎年ベース給の水準が見直されていることもあり、アクセンチュアの給与は年々、上昇傾向にある模様です。

なお、給与水準については職種によって異なり、コンサルタントは高め、エンジニアは若干低めに設定されています。

昇給レンジ

管理職に上がると一気に上がる。そうでなくても一定以上評価されていれば、2-3桁万円単位で毎年昇給する。
出典:転職会議|在籍2019年頃 30代前半 女性 正社員 ビジネスコンサルタントの口コミ

多くの企業と同様に、アクセンチュアでは管理職になると給与が飛躍的に上がり、年収1,000万円を超えるようです。ここには、基本給に加えて、会社の業績賞与や、個人のパフォーマンス賞与等、さまざまな手当てが含まれています。

ただし、若いうちや、入社したてのタイミングでの1,000万円到達は、かなりの難関だと思っていたほうがいいでしょう。

人事評価制度

現場の上司ではなく第三者視点を持つ社員がカウンセラーとなり、最終評価を実施するがカウンセラーがきちんとしていないと自分の評価が適切にされないケースが見受けられる。
出典:転職会議|在籍2018年頃 30代後半 男性 正社員 ITコンサルタント 課長クラスの口コミ

アクセンチュアでは、スーパーバイザー以上の肩書の上司と、社外のカウンセラーの評議によって、人事評価が決定される仕組みになっています。

社外のカウンセラーは、実際に日々の仕事ぶりを見ているわけではないので、良い評価を得るためには、きちんと仕事をこなすことはもちろんのこと、カウンセラーに対しても適切なアピールが必要になるようです。

なお、中途入社の場合は、TOEIC650点以上が求められており、この点数に達しない場合、カウンセラーにプロモートできない、評価が下がるなどの悪影響があると言われています。

アクセンチュアは激務って本当?

かつては長時間労働や激務というイメ―ジが強かったアクセンチュア。

実際、インターネットで「アクセンチュア」というワードを検索すると、「アクセンチュア 激務 彼氏」という検索キーワードが出てくるほどでした。

では、現在のアクセンチュアの労働環境は、いかがなものなのでしょうか?

転職会議の最新口コミデータを集めてみました。

残業時間

残業時間にも気を使っており、月当たりの残業時間が45時間を超えないように上司が管理している。
出典:転職会議|在籍2019年頃 20代後半 男性 正社員 ネットワーク運用・保守 社員クラスの口コミ

アクセンチュアでは、世の中の働き方改革推進の流れを受け、残業時間の削減に取り組みを進めているようです。このような労働環境の改善の取り組みの結果、ひと昔前のような激務ではなくなってきています。

特に、役職についてない一般の社員を中心に、働きやすさが増していっているようです。

マネージャークラスはいまだに激務

一般社員の残業時間の絞り込みが厳しくなっているが、どうしても完了できないタスクはマネージャー以上の役職が巻き取ってしまう傾向にあり果たして負荷分散はどうなっているのか?本末転倒な事も散見されている。
出典:転職会議|在籍2019年頃 40代前半 男性 正社員 ITコンサルタント 社員クラスの口コミ

役職についてない一般社員の残業時間に規制がかかっているため、いざというときには残業時間の規制のないマネージャー以上の役職者が残業するという事態になっているようです。

つまり、マネージャークラスの役職者は、いまだに激務であるということが伺えます。

休暇の取りやすさ

数年前から始まった、プロジェクトプライド活動が社内に浸透し、付与された有給のほぼ100%を消化出来ているのではないでしょうか。毎月決まった日数を取ることは難しいかもしれませんが、プロジェクトの合間など、ある程度落ち着いたタイミングでまとめて消化される方も多いようです。
出典:転職会議|在籍2019年頃 30代前半 男性 正社員 その他のサービス関連職の口コミ

アクセンチュアでは、有給の消化率も高くなっています。

プロジェクトの進行状況によっては、休暇を取ることが難しいこともあるようですが、プロジェクト終了後にまとめて長期休暇を取る人が多いようです。

なかには1~2か月の長期休暇を取る人も見受けられました。

アクセンチュアの中途採用面接の傾向と対策

2019年現在、アクセンチュアでは新卒・中途ともに募集枠を広げており、採用人数も多くなっています。

そのため、アクセンチュアに転職を考えている人にとっては、今が大きなチャンスです。

そこで、面接の対策として、アクセンチュアの中途採用面接の中身がどのようなものなのか、口コミから見ていきたいと思います。

【面接の概要】 全部で面接は3回あった。1次は電話面接、2次はマネージャークラスと面接、3次はマネジメントディレクターと面接。2次面接ではケース面接があった。面接は全体的に穏やかな雰囲気で話しやすかった。ケース面接はカフェの事業改善計画を考えた。また、場所についても地方に住んでいる場合、2次面接は居住地に近い場所で実施してくれる。
出典:転職会議|在籍2019年 20代後半 女性 正社員 ビジネスコンサルタント 社員クラスの口コミ
【面接の概要】 オーソドックスな質問の後に、所謂ケース面接があり私の時は世の中の自動販売機の数をフェルミ推定せよと行った内容であったので事前の対策をしておけば突破できるものであったが友人は業務上の選択(買収するべきか?)などを聞かれたらしい。また逆質問の時間も比較的長かった。コンサルタントとして求められるキャッチアップ能力についてなどの質問を中心にした。
【面接を受ける方へのアドバイス】 事前に一通りのケース面接やフェルミ推定の対策本やコンサル業務についての本、何かアピール出来る強みを用意しておくと評価は高まると思われる。またITに関して知識を持っていることやソースコードが書けるなどすると面接通過後も後も働きやすいと思われる。
出典:転職会議|在籍2018年 20代前半 男性 正社員 研究員、リサーチャー 社員クラスの口コミ
【面接の概要】 ケース面接でした。日本の中堅製造業A社が海外へのITロールアウトを検討しており、コンサルタントとしてどのようにロールアウトを支援できるか、提案する。
【面接を受ける方へのアドバイス】 20分程考える時間をもらえるので、前提と仮説を持って、実際にどのような進め方をすべきか、またその理由を論理的に説明しましょう。考える力と説明する力が求められます。 また、実際の提案の場面を想像しながら対応すると自ずと質問等は想像できると思います。
出典:転職会議|在籍2018年 正社員 30代後半  男性 課長クラス その他のコンサルタント関連職の口コミ

アクセンチュアの中途採用面接では、予定配属先のマネージャー、シニアマネージャー、マネージングディレクターが面接官になるようです。つまり、入社後の直属の上司になる人たちなので、マッチングの部分も見られているのかもしれません。

また、面接では、ケース問題やフェルミ推定が出題される場合もあります。これは、即戦力になるかどうかを判断するための問題であるので、ロジカルに回答できれば問題ありません。

こちらの記事もあわせてお読みください。
▶︎面接質問実例付き!面接で求められる能力ランキング【外資コンサル編】

ITやビジネスがわかる人材を歓迎

アクセンチュアは近年、ITやデジタル分野に舵を切って成功を収めています。そのため、ITやビジネスもわかるような人材が求められているようです。

実際、ITとビジネス双方に関わる職種からの転職は、非常に歓迎されています。

アクセンチュアでは、ビジネスの上流工程から下流工程まで、一貫して案件に携われることもあり、IT企業からの転職者も増えているようです。

アクセンチュアへの転職を成功させるなら人材紹介会社の利用がオススメ

2019年現在、アクセンチュアでは新卒・中途ともに募集枠を広げていることから、比較的採用門戸が広くなっています。

とはいえ、内定を取るのは容易ではなく、やはり採用突破は難関であると言えるでしょう。

似たような職種からの転職であれば、即戦力として採用される可能性は高まりますが、未経験者でも諦める必要はありません。

30代前半までの若手や第二新卒であれば、未経験者でもポテンシャル採用される可能性もあるからです。

ただし、未経験の職種に挑戦するときは、内定を獲得するコツを習得するためにも、転職エージェントを活用し、プロのキャリアアドバイザーからの指導を受けるのがおすすめです。

転職先として魅力的なアクセンチュア

データアナリティクスやRPA、AIといった今後の産業変革を担うテクノロジー領域にも強く、コンサルティング業界の中ではトップクラスの成長性のあるアクセンチュア。

業績も右肩上がりで成長しており、新卒・中途ともに積極的に採用数を増やしています。

アクセンチュアに転職を希望される方は、ぜひ転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職会議レポート編集部 オススメの転職エージェント

10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、
フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問

【選ばれる理由】
【1】一人あたり平均8時間の手厚いサポート
【2】初回2時間の面談でヒアリングから求人紹介まで完了
【3】未経験OKの正社員求人も多数取り扱い

オススメ
10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象にオーダーメイド型でサポート

【選ばれる理由】
【1】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
【2】選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
【3】ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上

あなたにおすすめの記事

今週のアクセスランキング

転職会議レポート編集部がオススメする
転職サービス一覧
10代・20代におすすめ!第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしています。
オーダーメイド型でのサポートを実施する、10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェントです。
25~35歳、初めての転職に特にオススメの総合型転職エージェントサービス。地方求人など滅多に流通しないレアな求人が豊富です。
IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。専門用語や最新技術の話が通じるCAがあなたの転職をサポートします。
「ミイダス」は、パーソルキャリアが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトです。