転職会議レポート

転職会議 Report

ヘッドハンティングとは?その仕組みやヘッドハンティングサービスとの違いを一気解説!

ヘッドハンティングという言葉が、ハイクラス層(エグゼクティブ)向けの転職市場で注目を集めています。しかし、「ヘッドハンティング(エグゼクティブサーチ)」と「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」の違いに迷う方も多いでしょう。そこで今回は、「ヘッドハンティング」「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」「人材紹介」と、3つのサービスの違いを紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドハンティングとは?その仕組みやヘッドハンティングサービスとの違いを一気解説!

ヘッドハンティングという言葉が、ハイクラス層(エグゼクティブ)向けの転職市場で注目を集めています。しかし、「ヘッドハンティング(エグゼクティブサーチ)」と「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」の違いに迷う方も多いでしょう。そこで今回は、「ヘッドハンティング」「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」「人材紹介」と、3つのサービスの違いを紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年ハイクラス層に向けた転職サービスが増加しています。

中にはヘッドハンティングや転職エージェント、転職求人サイトなどが混在しており、その違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「ヘッドハンティング」「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」「人材紹介」と、3つのサービスの違いについて紹介していきます。それぞれの違いをしっかりと理解して、転職活動をより有利に進めていきましょう。

ヘッドハンティングとは?企業スカウトの仕組み

ヘッドハンターが企業の希望にあった人材を探すのに主に利用するツールは、SNSやIR情報、独自のデータベース、人脈などです。

今ではインターネットやSNSが発達したことから、ヘッドハンティングも実行しやすくなったといえるでしょう。

彼らは上記のツールを駆使して、企業が求めるポジションにふさわしい候補者にコンタクトをとっていきます。

ヘッドハンティングの特徴|利用する企業は意外と多い

ヘッドハンティングは、もともと外資系企業が国内で導入したことに端を発します。しかし、現在は広くヘッドハンティングが普及したこともあり、日本で設立した国内企業も積極的にこの方法を活用しています。

ヘッドハンターが人材を探すのに主に利用するツールは、SNSやIR情報、独自のデータベース、人脈などです。今ではインターネットやSNSが発達したことから、ヘッドハンティングも実行しやすくなったといえるでしょう。

彼らは上記のツールを駆使して、企業が求めるポジションにふさわしい候補者にコンタクトをとっていきます。

ヘッドハンティングを受ける側のメリットは次の3つです。

ヘッドハンティングを受ける側のメリット
一般的な転職に比べて年収が高くなりやすい
年収やポジションなどの待遇交渉を行いやすい
要望を伝えたうえで就任するため、入社後のミスマッチが起きにくい

ヘッドハントされるということは企業からのニーズがあるということなので、それだけ待遇も良くなることは想像に難くありません。

また、ヘッドハンターを通じて転職者側の要望もしっかりと伝えることができる点が大きなメリットです。

ヘッドハンティング・ハイクラス向けヘッドハンティングサービス・人材紹介の違いは?


ヘッドハンティングと一口に言っても、それに似た多様なサービスが存在します。

ここでは、ヘッドハンティング・ハイクラス向けヘッドハンティングサービス・人材紹介と、3つのサービスの違いについて紹介していきます。

ヘッドハンティング(エグゼクティブサーチ)

一般的にいわれるヘッドハンティングとは、「エグゼクティブサーチ」のことを表します。

エグゼクティブサーチとは、サーチファームに登録するヘッドハンターが、経営者クラスのエグゼクティブ層にアプローチし引き抜くことです。

非求職者がメインターゲットとなり、対象者が転職を希望する・しないにかかわらず、企業ニーズに適した人材にオファーを出します。主に、経営者や役員クラス、または上場経験があったり、ファンド再生の実績があるなど、特別なスキルを重視してスカウトすることが特徴です。

ハイクラス向けヘッドハンティングサービス

ハイクラス向けヘッドハンティングサービスも、一般的なヘッドハントと同じく、企業が求める人材に対してスカウトを行います。

ただし、求職者およびヘッドハンターは専用のサービスサイトに登録することが一般的です。先ほどのエグゼクティブサーチとは異なり、ターゲットはサイト登録した求職者となります。

こうしたサービスを提供するのが「ヘッドハンティングサービス」です。サービスに登録してスカウトが来るのを待つという特徴から、エグゼクティブサーチや転職エージェントの中間に位置しているといえるでしょう。

「ヘッドハンティングサービス」はいわば、求職者とヘッドハンターのマッチングのためのプラットホームのようなもの。先ほどのエグゼクティブサーチが「狭義のヘッドハンティング」だったことに比べ、ハイクラス向けヘッドハンティングサービスはより広義の意味合いを持ちます。そのため、一般的にいわれる「ヘッドハンティング」と「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」は別物と考えてください。

自分を売り込みたい方は、ヘッドハンティングサービスに登録するといいでしょう。

ヘッドハンティングサービス登録のヘッドハンターは主に、管理職などのミドルマネジメント層や、高い専門スキルを持つ転職者を中心にスカウトを行います。

人材紹介

人材紹介とは、サービスに登録した企業と転職者をマッチングさせることです。代表的なサービスに「転職エージェント」があります。

人材紹介の場合、まず企業側から仕事の募集を行うことが特徴です。その募集枠を巡って、サービスに登録する転職者が競い合って応募を行います。求人サイトにも似ていますが、人材紹介の場合は、専門コンサルタントが積極的に人材をPRすることに違いがあるといえるでしょう。

主に20~30代の転職者が利用しており、なかには第二新卒や若年層向けに特化したサービスも存在します。

まとめ

今回は、「ヘッドハンティング」「ハイクラス向けヘッドハンティングサービス」「人材紹介」の3つの違いについてお伝えしてきました。

それぞれ仕組みや転職方法がまったく異なるため、上手に使い分けてスムーズな転職活動を行いたいものです。

ただ、転職活動でもっとも重要なポイントである、「ヘッドハンティングされるぐらいの人材になる」ということも忘れてはいけません。他社からお声がかかるほど自身の能力やスキルを磨いておけば、様々な転職サービスを使って有利に転職活動を進めていけるでしょう。

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事