転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

成功した人はやっている? 転職に失敗しないためにすべきこと4つ

転職に失敗し、後悔している方は少なくありません。そうなるとまた同じことを再度考えることになり、体力的にも精神的にも苦痛でしょう。そうならないためにも、できるだけ一回で成功させたいものです。
実は、転職に成功している人と失敗している人では行動が違うと言われています。今回は、転職に失敗しないためにすべきこと4つをご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
385_ext_01_0.jpg

成功した人はやっている? 転職に失敗しないためにすべきこと4つ

転職に失敗し、後悔している方は少なくありません。そうなるとまた同じことを再度考えることになり、体力的にも精神的にも苦痛でしょう。そうならないためにも、できるだけ一回で成功させたいものです。
実は、転職に成功している人と失敗している人では行動が違うと言われています。今回は、転職に失敗しないためにすべきこと4つをご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.企業の評判をよく調べておく

会社の雰囲気が思っていたのとは違った、ということは転職失を敗者した方によくあることのようです。企業のホームページを見ることはもちろんですが、口コミサイトやSNSをチェックしたりして情報収集をしましょう。実際に働いている方とお話しできる機会があればベストです。

2.自分からどんどん情報収集をしていく

入るかもしれない企業のことは、徹底的に調べておきましょう。自分から情報に積極的にアクセスしていくことが大切です。

「どんな手当てがあるのか」といったこともそうですが、女性で結婚後も仕事を続けたい方の場合は、「育児休暇をとった後に復職している人がいるのか」や、「育児による短時間勤務制度をとりやすい環境の職場であるか」などもポイントとなるでしょう。

3.内定後にはしっかりと詳細を聞いて把握しておく

内定した後には、どんな仕事をすることになるのか、残業はどれくらいあるのか、給与についてなど、具体的に詳しく確認しておくことが大切です。面接の時にはなかなか聞くことはできませんが、内定後であれば可能でしょう。直接聞きにくいなら、メールをしてみても良いかもしれません。

とくに、自分が担当することになる業務内容については詳しく聞いておきましょう。その内容が、自分がその会社で想定していたこととマッチしていない場合には、近いうちにまた転職を考えることになってしまうかもしれません。実際に就職する前に、マッチングを入念に確認しておきましょう。

img36.jpg

4.働きながら転職活動をする

退職した後から転職活動を始めてしまうと、何ヶ月もの間収入は0になります。さらに、その後入社した会社も思い描いていたようなものとは違ったなら、再度転職を考えることでしょう。そうするとまた収入0の期間が続き、経済的にも苦しくなりますし、精神的にも追い詰められてしまいます。追い詰められた余裕のない状態で物事を始めると、冷静さに欠けた判断になりがちです。経済的に苦しければ、半ば「どこでもいい」という気持ちにもなってきてしまうこともあるでしょう。

そのため、転職活動は働きながら行うのが理想です。働きながらの転職で経済的な余裕があれば、そう悪くない条件の求人を見つけた時にも、もっと気に入る求人があるまで待ってみようという気持ちになります。時間の都合で面接へ行けなくなることが心配かもしれませんが、事情を話してみると就業後に面接をしてくれるケースも多いようです。

5.まとめ

理想により近い会社へ転職するには、何よりもその企業の情報収集を積極的に行うことが大切です。面接時に聞けなかったデリケートな質問も、内定後であれば問題なく聞くことができるはずです。いざ務めてから「思っていた仕事内容と違った」とならないためにも、必ず気になる点は確認しておきましょう。

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事