転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

意外と簡単!知っておくべき企業年金制度3つ

企業にて勤めている人の中でも、企業年金制度について知らない方は多いのではないでしょうか。転職、中途退職を繰り返している人が企業年金の一時金を受け取り続けることで、老後に受け取ることのできる企業年金がなくなってしまう、といったこともあります。転職、退職を考えている人は企業年金についてチェックしておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
381_ext_01_0.jpg

意外と簡単!知っておくべき企業年金制度3つ

企業にて勤めている人の中でも、企業年金制度について知らない方は多いのではないでしょうか。転職、中途退職を繰り返している人が企業年金の一時金を受け取り続けることで、老後に受け取ることのできる企業年金がなくなってしまう、といったこともあります。転職、退職を考えている人は企業年金についてチェックしておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.企業年金とは?将来もらえなくなる企業年金の種類もあるの?

1-1.転職、退職の際に企業年金について知っておくべきは、加入している種類
企業年金も「年金」の1つの分野です。年金制度は、まずは基礎年金、そして被用者年金、企業年金の3つに分けられています。



企業年金には以下の3種類のタイプがあります。
  • 「確定給付型」である確定給付企業年金、厚生年金基金
  • 「確定拠出型」である確定拠出年金
  • 「共済型」である中小企業退職金共済、特定退職金共済など

転職を考えているなら、現在の職場で加入している企業年金の種類について、調べてみましょう。

img3.jpg

1-2.企業年金は転職や退職とどう関係あるの?
なぜ企業年金の種類が大切かというと、中途退職を繰り返すと将来企業年金が受け取れなくなる可能性もあるからです。

企業年金は中途退職の際にも「一時金」として受け取ることができます。昨今は転職するのは当たり前になりました。転職のたびに一時金を受け取っていて老後に退職金や企業年金がもらえないという事態を防ぐため、中途退職をしても老後に企業年金がまともに受け取れる仕組み作りが整ってきたのです。

2. 「確定給付型」「確定拠出型」「共済型」それぞれの特徴は?

2-1.確定給付型(厚生年金基金、確定給付企業年金)
厚生年金基金は、国からの老齢厚生年金の一部を代行し、厚生年金基金に上乗せをしての年金給付になります。しかし、現在は時代に合わなくなり確定給付企業年金への移行や解散が行われています。



確定給付企業年金には「基金型」「規約型」の2つの運用形態があり、給付額が確定しています。年金資産の積立不足は企業の掛金積立で補われます。加入者は、年金資産の運用が悪化した場合でも、約束どおりの金額給付を受けらます。


「規約型」は、「基金型」より柔軟に設計が可能です。税制上の優遇措置もさまざま用意されているのですが、デメリットとしては年金資産額が不明確であること、運用先を自分で選べないことでしょう。また、転職先の確定給付企業年金へ移転できるかどうかは、転職先にも確定給付企業年金制度、ポータビリティ制度を導入しているかによるため注意が必要です。

2-2.確定給付型(確定拠出年金)
「企業型」と「個人型」があり、会社が積み立てる(拠出する)金額のみ確定しています。個人はそれを資産運用するかたちです。



「企業型」の掛金は企業が拠出。「個人型」は加入者個人が掛金を拠出。自営業者、確定給付企業年金のない従業員が加入します。掛金と個人の運用収益が給付額の決定要素となり、給付額は運用実績次第で変わります。給付額の変動によるリスクがある代わりに、税務上にさまざまな特典も用意されているのも特徴です。ただし、60歳になるまでは引き出せないというのがデメリットです。

2-3.共済型(中小企業退職金共済、特定退職金共済など)
企業年金制度の運営が難しい中小企業のための共済制度です。会社が従業員ごとの掛金を積み立て、管理・運用・給付についてはその後、共済制度側が行います。

企業が経営悪化や倒産などの場合でも、積み立てられた掛金とそれぞれの加入期間にもとづく利息は、個人が会社を辞めたとき受け取れるようになっています。

3種類の企業年金制度にはそれぞれさらに細かいメリット、デメリットがあるのですが、検討するのは自分が働いている職場で利用している企業年金制度についてのみで大丈夫です。確定給付企業年金の場合は、転職先の条件にも注意が必要ですが、退職前にそのあたりは事務担当の人に教えてもらうようにしましょう。

3.まとめ

企業年金とは、実質的には退職一時金として適用される場合がほとんどです。かつて1つの会社に勤めていた人に出される退職金の制度が、現在の状況に見合うように模索されたかたちともいえます。自身の働く環境では、どの企業年金のタイプになっているのか確認してみると良いでしょう。

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事