転職会議レポート

転職会議 Report

お知らせ
  • 転職会議レポートをリニューアルいたしました

お客様のバイクライフにプロとして寄り添う。 バイク王&カンパニー新入社員のスピリット【PR】

バイクの販売から買取までを主な事業とし、「バイク王」のブランドで全国に店舗を展開する株式会社バイク王&カンパニーでは、お客様が充実したバイクライフを送るためのサポートや、バイクを「売る」「買う」「楽しむ」ための様々なサービスの提供を行なっています。キャッチーなメロディとフレーズが印象的な同社のCMは、おそらく誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。そんなバイク王&カンパニーに2017年の4月に新卒として入社し、現在バイク王平塚店で「バイクライフアドバイザー」として活躍する佐井翔さんに、同社で働くことの魅力や、「バイク」という商材を通しての仕事への向き合い方など、様々な想いを伺ってみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
449_ext_01_0.png

お客様のバイクライフにプロとして寄り添う。 バイク王&カンパニー新入社員のスピリット【PR】

バイクの販売から買取までを主な事業とし、「バイク王」のブランドで全国に店舗を展開する株式会社バイク王&カンパニーでは、お客様が充実したバイクライフを送るためのサポートや、バイクを「売る」「買う」「楽しむ」ための様々なサービスの提供を行なっています。キャッチーなメロディとフレーズが印象的な同社のCMは、おそらく誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。そんなバイク王&カンパニーに2017年の4月に新卒として入社し、現在バイク王平塚店で「バイクライフアドバイザー」として活躍する佐井翔さんに、同社で働くことの魅力や、「バイク」という商材を通しての仕事への向き合い方など、様々な想いを伺ってみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   バイク王平塚店 バイクライフアドバイザー 佐井翔さん

「バイクって格好いい」くらいの気持ちがあれば十分

ーー「バイクライフアドバイザー」という佐井さんの現在のお仕事内容を教えてください。

わかりやすくいえば営業職です。行なう業務は大きく分けて販売業務と買取業務があり、私は買取業務をメインで任されています。主な買取業務としては、バイクをお持ちのお客様から何らかの理由でバイクを手放したいというご連絡をいただいた際、自宅に伺いバイクの査定を行ない、交渉が成立したらその場で買取をさせていただく仕事です。場合によってはお客様ご自身が店舗にバイクを持ち込み、店頭で査定をさせていただくこともあります。

買い取らせていただいたバイクは整備チームにメンテナンスを依頼し、メンテナンスが終了したら店舗に搬送してもらい、中古バイクとして販売するまでが一連の流れです。買い取りから販売まで幅広く経験できるのが魅力ですね。

ーー佐井さんは2017年の4月に新卒で入社されたそうですが、バイク王&カンパニーを選ばれたのはなぜでしょうか?

実は、当社のほかにいくつかの企業を受けたのですが、うまくいかなかったというのが前提としてあります。そんな時、自分にとっての就職活動の息抜きになっていたのが、原付に乗ってふらっと遠くに出かけることでした。この時間が好きだなと改めて考えた時に、ふとバイク業界が頭に浮かびました。当時は車の免許しか持っていませんでしたし、知識もゼロに等しい状態でしたが、これから知識を蓄えて、バイクを商材に人とつながる仕事も良いかもしれない…と考えたのです。

学生時代は接客のアルバイトを中心にやっていましたので、就職も人と接することができるサービス業をメインで考えていました。バイク王&カンパニーの営業職ならそれも活かせる環境だったことに加え、面接担当者の方がとても親身になって話を聞いてくれたことがとても印象的でした。その時に、この会社はきっと人を大切にする会社だと感じたことも、入社を決めた理由です。

ーー「バイク」が商材ではあるものの、必ずしも免許を持っている方やバイクに詳しい方が入社しているわけではないのですね?

入社の時点ではバイクの免許や知識がなかった方もたくさん活躍していますし、転職された方は前職も様々です。私はバイクが好きだったこともあり入社後に400cc以下の普通二輪免許を取得しましたが、最初は「バイクって格好いいな」くらいの気持ちがあれば十分ではないでしょうか。入社後は会社が研修を開いてしっかりサポートしてくれるので、そこでカバーできると思います。

講習と実践でバイクを知る。充実の研修制度

ーー研修ではどのようなことが行なわれるのでしょうか。

入社したらまず1週間、会社の概要や社会人としてのマナーをはじめ、バイクに関する基本的な知識についての講習を受けます。バイクの知識についてはテスト形式で問題を出されるので、知識がまったくなかった私にとって、この問題形式の講習が色々なことを覚えるのにとても役立ちました。

研修場所は茨城県にある当社バイク王谷和原インター店が併設している整備工場の中で、実際にバイクの引き起こしから取り回し、トラックへの積み込み、ロープをかけるといった練習、洗車など、より実践的な内容で行なわれます。数百台のバイクに囲まれた中での研修は、バイク好きにとってはたまらなく楽しい内容ですよね。2次研修ではバイクにたくさん触れることになるので、それまでバイクを触ったことがない人も、バイクをより身近に感じ、好きになれるのではないかと思います。

ーーなるほど。プロとして自立できる教育環境が整っているのは大きな魅力ですね。

研修後も、入社して1カ月間ほどはOJTとして先輩や上司と一緒に営業先を回るので、不明点は実際の業務の中で解消していくことができます。私はOJTとして副店長についたのですが、業務において自分の短所ははっきりと指摘しアドバイスをくれ、逆に長所もきちんと伝えて伸ばそうとしてくれたことが今でも印象に残っています。

店舗単位ではもちろん、会社全体としても感じることですが、上司や部下、スタッフ同士に限らず人間関係が良好でとても働きやすい環境です。搬送の関係でほかの店舗にバイクの積み降ろしに行くことも多いのですが、皆さん話しやすく人がいいというのは身をもって実感しています。

お客様の気持ちに寄り添うことで、信頼関係を構築する

ーー「人間関係が良好」というクチコミを、転職会議のサイトでも大変多く見かけました。スタッフ間でのコミュニケーションの円滑さが、日々お客様と接する中でも活きてきそうですね。

そうですね。この仕事の大きな魅力は、やはりバイクを通して色々なお客様とのコミュニケーションがはかれることだと思っています。私と同年代くらいの方もいれば、下は10代、上は70代と本当に幅広い年齢層のお客様と接することになります。バイクのことはもちろん、それ以外にも様々なお話を伺うことができるので、こちらが勉強になることも多く、新しい気づきを得ることも多いですね。 査定してお客様に納得いただき、成約に至るまでは交渉術や提案力も必要になります。そういった意味では、コミュニケーション能力は日々の業務の中でどんどん向上していけると思います。

また、バイク買取時の商談では、「なぜ売却をするのか」といったお客様へのヒアリングが欠かせないものになってきます。その一連の会話の中からお客様が何を求めているのかを察知し、最適な提案を行なう必要がありますので、相手のニーズを正確に見極めるといったスキルも磨くことができます。

ーーお客様と触れ合う中で、佐井さんなりの心がけや気をつけている点はありますか?

商談時間は基本的に1時間なのですが、その1時間をお客様に気持ち良く過ごしていただくために、お客様の気持ちに寄り添うことです。例えば、愛着のあるバイクを売ることでナーバスになっていたり、売却が初めてのことでまったく流れがわからないという方がいたり、状況は人それぞれです。ナーバスになっているお客様に対しては気持ち良く売却できるように促すことも必要ですし、コミュニケーションが得意でないお客様に対しては、とにかく明るい対応を心がけるなど、その時々のお客様の状況や気持ちに合わせて会話することを重要視しています。

ーー営業職としての仕事のやりがいはどんなところにありますか?

お客様はバイク王以外にも並行して査定を依頼しているケースもありますが、「佐井さんが担当なので売ることを決めました」や「バイク王さんだから売りました」という言葉をかけていただいた時です。お客様との間に信頼関係が築けたということなので、やはりいちばんやりがいを感じますし、それがモチベーションにも繋がります。 あとは、自分が買い取らせていただいたバイクがメンテナンスを経て販売され、次のお客様の手に渡る瞬間も、売主様から買主様への橋渡しができたような気がして嬉しいですね。

チームで目標に向かう。バイク王&カンパニーの職場環境

ーー少し視点を変えて、接客業なので必ずしも土日休みではないと思いますが、皆さんどのような働き方をされているのでしょうか?

当社の各店舗はシフト制で、早番・遅番・通しの3パターンがあります。残業は、固定残業手当が月45時間に設定されていますが、本社には労働時間を管理・把握する機能もありますし、終業時間になると店舗単位で店長や副店長はもちろんスタッフ同士も声をかけ合うなど意識しているので、45時間を超えることはほとんどありません。ただ、2~4月の繁忙期やお客様の予約の入り状況によっては、多少変動することもあります。 休日は店舗で定められた定休日が1日と、平日にもう1日休みが取れます。基本は平日休みですが、前の月に希望を出せば土日も休むことができるので、その辺りの融通は利きやすいと思います。

ーーこれから入社する人にとっては気になる点の一つだと思いますが、賞与やノルマの有無などはいかがですか?

賞与については業績連動型の賞与なので、会社の業績と個人の業績を掛け合わせて、それに応じた形で年に2回、2月と8月に一定額が支給されます。ノルマについては個人に課せられるノルマはありません、店舗ごとに目標の数字を定めて、チームで一丸となって目標を達成するイメージです。そういった意味では、商談事は個々に行ないますが、チームワークの側面も強いですね。

ーー個人プレイではあるものの、目標に向かって皆さんで足並みを揃えて頑張れるということですね。最後に、これからバイク王&カンパニーに入社を希望される人たちに、どんな想いをもっていてもらいたいですか?

「バイク」という商材を扱う仕事ではありますが、自分がバイクの免許もない、専門知識はまったくのゼロからのスタートだったことを考えると、向き・不向きはないと思っています。知識や経験よりも、人と接することが好きで何事にも好奇心をもって取り組める方なら、楽しんで働ける環境ではないでしょうか。

取材・文/ドラドナッツ 撮影/菊池友理

    • 記事が気に入ったら、いいね!しよう
    • facebookで
      最新情報をお届け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事